読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

WS(ウィンドスプリント走)について考える

少し前のコッコさん(サブ3.5の女性ランナーの方)のブログで、ペースごとの必要ストライドとピッチに関する記事を拝読して、結構な衝撃を受けたんですよね。

kokko-san.blog.so-net.ne.jp

 

私の今季の目標タイムは3時間40分切りですから、平均ペース5分12秒でギリギリクリア。でもこれだとエイドも寄れないしトイレも行けないので、サブ4のときと同様に10秒余裕を持たせたペースで走るとすると、目標は5分02秒ペースです。ほぼキロ5分で走らないといけない。

 

5分ペースで押してくのって、195ピッチだとストライドが103cmも必要なの!!!

1m超!?

えー!?

 

そう、レース中ですら身長比60%未満でしか走れない、私の狭すぎるストライド…。

頑張って頑張ってサブ4を達成した時の記録ですら、195ピッチ95cm…。

まるで私の人生のように、小さく小さくまとまった私のストライド…。

まさかの「狭め(60%)」以下…。

 

これはまずい。

今季こそ、アレを真剣にやらねば。

 

昨シーズン、静岡マラソン2015に向けて金哲彦さんのサブ4のトレーニングに取り組んでいるとき、最後の方は(膝裏に違和感あるし…)(やっても意味あるかわかんないし…)と本数をガンガン減らしてサボっていたメニューがありまして、それがジョグ後のWSでした。

ウィンドスプリント。金コーチの言葉を借りれば「風に乗るようなイメージで疾走する」。いわゆる「流し」ですね。

 

静岡マラソンで夢のサブ4は達成できたものの、レース終盤、脚は残っているのに息が上がってスピードを上げられなくなったことはいつまでもくよくよくよくよと覚えており、「あのとき真面目にWSやってればもうちょっとはマシだったのでは」(そして6秒に泣くことなく全日本マラソンランキングで100位に入れたのでは)という後悔が、時間が経つごとにじわじわじわじわ…。

 

今季はこれに捧げる、と決めた金哲彦さんの教本にも、WSについてこう書いてあります。

 

ステップアップには不可欠な、スピード感覚を養うための練習

大きなフォームを身につけよう

 

大きなフォーム…。

そうだ、極端にストライドが狭いなら、それだけ伸び代があるということ。

 

私は今季WSを頑張って、もう一段ステップアップするんだ!!

 

 

というわけで、今季のWSはラップごとに計測しております。

ストライドを伸ばすことだけを意識して走りたい!!

 

(8/13の日記に載せたもの)

f:id:shin_kuroiwa:20150813105213p:plain

 

(8/17の日記に載せたもの)

f:id:shin_kuroiwa:20150817152754j:plain

 

ストライド、私にしては頑張ってる!

でもスピードを意識して何だか「バタバタ」と走っている気がする。

金コーチの本を読み返していたら、サブ3メニューに具体的な数字がありました。

 

1km4分15秒というペースを意識しながら走ること。できればレースペースより少し速い1km4分くらいか、それよりも少し速いペースで流せるといい

 

サブ3クラスでキロ4分で流すなら、やはり私のペースは速すぎますね。150mを40(5'00/km)~45秒(4'30''/km)で流すのを目標に。

 

 ていうか今さらですけどあと3ヵ月切ってるのに私の走力からキロ5でフル走れるようになるんですかね?(無理じゃない!?) (急に不安になってきた!?)

 

 神さま仏さま金哲彦さま!

今シーズンもどうかよろしくお願いします!

**********************************

【お盆明けの弊社】

社長が自作の谷川俊太郎のお面を被ってオフィスを練り歩いていました。

 

 

?