働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

アル中の夫がガチョウになったままで、妻は大変困っています

うちの夫はアル中です。

 f:id:shin_kuroiwa:20150728172556j:image

f:id:shin_kuroiwa:20150728172557j:image

f:id:shin_kuroiwa:20150728172559j:image

THE ALFEEのファンの事を「アルフィー中毒=アル中」と呼ぶらしいです。

 

先週末、土曜日はランナー婦人会で走れず(日中も自転車のパンク修理とか家の用事がもろもろ)、先週の日曜日は朝二日酔いで昼に迎え酒をした上に夜は夫がアルフィーのライブで出かけて走れず、土日に二日ともランオフでした。

 

ところで、そんなアル中の夫の鵞足炎っぽい症状が、2週間近く治らず困っています。ジョギング中に突然発症し、現在も歩くだけでも痛いようです。本人が通勤で痛いだけなら「かわいそう」って同情だけしてあげる優しい妻なのですが、

 

私「夕飯できたから運んで~」

夫「えっ…足が痛いんだけど…」

私「はっ?」(帰宅してから一度も腰掛けずに蒸し暑い台所でダッシュで夕飯を作っているので気が立っている)

夫「はい、味噌汁運びますね…」

私「麦茶も持っていって」

夫「えっ、2往復もするの」

私「……(どん!)」

無言で麦茶ポットを置く。

 

みたいな。

 

みたいな。

ね。

家庭生活に支障があるので。

(でも自分担当の食器洗いやごみ出しはちゃんとやってくれます。妻が怖いので)(娘を公園に連れて行ってもらえないのがダメージでかいです)

 

夫は痛くなって1週間未満のうちに、整形外科に行ってレントゲンを撮って貰いました。骨には異常がないから休んでいれば直るよ、といわれ、湿布と痛み止めの飲み薬を処方してもらいましたが、一向に良くなる気配がありません。

改善の兆しが見えないので、発症10日過ぎにも同じ整形外科に行ったのですが、同じ湿布と痛み止めを処方され「もう少し様子を見ましょう」と言われただけでした。マジか…。

 

私がランナーでなければ痛がる夫に「マラソンなんてもうやめちまえ!」と全力で迫れるのですが、足の故障なんて「明日は我が身」以外の何者でもないので、励ましつつ、1日も早い完治に向けて頑張ってもらうしかありません。

 

昨日はパソコンを開いて、鵞足炎用のストレッチ動画を一緒に見ました。

夫「こんな動き…無理だよ! うわあ~…痛そう、痛そう…」

……四の五の言わずに、やるんだよ。

 

 ドクターショッピングに走るか、まだ様子を見るしかないのか、夫婦共々困っております…(公園遊び…頼むよ…!)

 

 

ところで、保育園のバザーでプラ板担当になったので、試作ついでに夫を励ます工作を作りました。

 

これを、

f:id:shin_kuroiwa:20150728171108j:image

 

こう。

f:id:shin_kuroiwa:20150728171120j:image

 

年長の娘は、苦虫を噛み潰したような顔になっていました。

幼児にもその表情の引き出しがあったか、と感心しました。

 

娘「なにこのおじさん…保育園では人気出ないよ…」

私「これはパパが好きなおじさんだよ」

娘「ええ〜…。分かった。これ、娘ちゃんがパパにあげるね」

 

(食器洗いから戻ってきた夫)

娘「これ、パパにプレゼント」

 娘からプレゼントがもらえたと思って喜んでいる夫「くれるの!? ありがとう(デレデレ)…なにこれ」

私「いや、お守り」

 

なんか、休みの日に使ってるリュックにつけてくれました。

 

祈・鵞足炎(っぽい症状)撃退!!

 

 

 

?