働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

ランニング中における赤信号の在り方検討会/本日の唐揚げ

夜ラン派なので、基本的に大通り沿いを走っています。暗いと怖いからです。視界が悪い中をすり足で走ったりしてると、たまに転んで流血したりもします。

コースは距離に応じて複数を使い分けています。どれもショートカットしにくいワンウェイの道です。私は根性がないので、単純な折り返しや周回にすると、絶対に途中で止めたくなるからです。絶対にです。私は自分を信じています。

 

交通量の大通り沿いを走っていると、問題になるのが信号待ち。

GPSウォッチの記録を見ると、15km走った場合、約10分程度は赤信号で立ち止まっているようです。

 

ところでみなさんは、信号待ち、どうしてますか?(信号無視は、ちょっと置いといて)

ランナーの方を観察していると、

 

(1)立ち止まる

(2)その場で足踏みをする

(3)その場でストレッチをする

 

の、3つに大別されるような気がします。

 

立ち止まり方もそれぞれ。

 

(a)信号ギリギリまでペースを落とさず走り、急に止まる

(b)スピードを落としながら走り、ゆっくり立ち止まる

(c)赤に変わったのが見えたら歩き、立ち止まる

 

私は(3)と(b)、つまり信号が赤に変わったら徐々にスピードを落としてから立ち止まり、信号待ちの間はストレッチをしています。以前は(1)(a)の組み合わせでしたが、ハリや違和感がある時に現在の形に改めたら、何となく故障しにくくなったような気がしています。

キツかったのは圧倒的に(1)(a)の方。信号までダッシュして急に立ち止まると心拍が乱高下するし、呼吸もゼェハァして喉が詰まる感じもするし、ふたたび走り出すときに足がずーんと重くなります。もしかしたらこちらの方が、トレーニング効果は高いのかもしれません。

 

今の時期は信号待ちが貴重な給水ポイントですね。私は信号待ちでしか給水しないので、たまたま青信号が続くと喉が渇いて泣きそうになります(なんだか、信号待ち以外で立ち止まると負けた気がして…)。

 

信号待ちの過ごし方は人それぞれですが、どうせなら効率よくトレーニングしたいし、待ち時間も無駄にしたくない。

信号待ちの時間って何をしているのが正解なんだろう、と検索をかけてみたら、 2012年11月号のランナーズの特集が見つかりました。

ランニング・ジョギング・マラソン雑誌ランナーズバックナンバー 2012年11月号 - ランネットショップ

全てのランナーに告ぐ、「信号待ちはジャンプの時間!」

なるほど。跳ねろと。信号でジャンプしてる人なんか見たことないけど…。

 (夜中に国道沿いの信号で小太りのババアがぴょんぴょん飛び跳ねてたら都市伝説になる…!!)

 

ジャンプか…と気乗りしないまま読み進めてみると、ランナーズ誌面には「ジャンプによりフォームが矯正されて楽にスピードが出るようになるし故障もしにくくなるよ!」と書いてあるらしいです。

楽にスピードが出るようになるの!?

じゃあやる!

 

都市伝説に、私はなる!!

 

というわけで、図書館でバックナンバー探してみます。

 

今日は走れないからマラソンスクワット(軽いやつ)1000回やる!!

***********************************

スクワットにそなえて、本日のランチは外回りのついでに九段下「こだわりや」の唐揚げ定食800円。

じゃーん!

f:id:shin_kuroiwa:20150723171456j:image

 

どーん!

f:id:shin_kuroiwa:20150723171500j:image

コップと見比べて頂ければお分かりかと思うのですが、このサイズ感! ケンタッキーより大きいサイズが6個も! ここは天国かもしれない! ああー! あああああー! 

 

(手記はここで途絶えている)

 

 

?