働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

夜ランが蒸し風呂すぎる

家庭の事情で水・木・金と3日間のランオフ。

さすがに土曜日は走りたいのですが、早朝はジョガーの夫が走るし、午前中は保育園の保護者会だし、午後は娘と浴衣を買いに行く約束をしてしまいました(しまむら安心価格!)。日中は走る時間がない。

泣く泣く晩酌を諦めて、寝かしつけ後に走ることにしました。

 

年長の娘は、保育園でお昼寝の時間があります。本人は「眠くないから寝てないよ! ごろんしてるけど目はぱっちりだよ!」と主張しているのですが、担任の先生に聞くと「娘ちゃんは比較的早く寝ちゃう方ですよ~」と。

保育園児でも寝てない自慢(しかもちゃんと寝てる)するのか、地獄のミサワかよ、と常々思っています。

 

保育園ではお昼寝をしますが、お休みの日は、ほぼ昼寝なしで過ごしています。

この「ほぼ」が曲者でしで。油断すると夕方くらいに力尽きてコロって寝ちゃうことがあるんですよね。

 

昨日の18時ごろ、私は台所でササミをフライにして揚げていたので、夫に「娘を寝かさないでね」と頼んだのに、静かだなと思って部屋をのぞいてみると、クッションを枕にして丸まって寝てるんですよね。

 

私「ちょっとーーーーーーーー!! 夫-------------!!!」

夫「あ、ごめんごめん、さっきまで起きてたんだけど(スマホをいじりながら

)」

 

説明しよう!

幼児は夕方の中途半端な時間に10分でも寝ると大人の8時間睡眠に相当する回復力を見せて寝る時間になってもハイテンションで騒ぐのだ! 「じゃあ朝まで寝かしとこう」と放置すると20時過ぎに「おなかすいたー」って起きてきてさらに地獄だ!!

(慌てて起こして盛大にぐずられました)

 

仙豆でも食べたのかよってくらい、たった10分で驚異の回復を見せます。

 

~22時~

娘「ままー、ままー、ぱぱってさー、へんだよねえ、きゃはははは!」

私「ねえ、パパいるから、ママは走って来てもいい…?」

娘「いやぁだ! ままと寝たい~(べそべそ)」

私「じゃあ、目をぎゅっとつぶってごらん…(とんとん)」

娘「まままま、あのさ、AくんってBちゃんから『イケメンブラザーズ』って呼ばれてるんだよ、きゃはははは!」

私「それもう5回くらい聞いたし…寝てください…(しくしく)」

 

結局スタートは22時54分…。

キロ6で10km走ったら信号待ちもあるから日をまたぐ…。

 

 まあいいか、明日も休みだし…。

時計を手首に巻いて外へ出ます。

 

夜だから涼しいかと思いきや、日中の熱がまだ路面に残っていて、蒸されているような暑さです。昼ランだと汗が日差しでどんどん蒸発するのに、夜はだらだら流れ落ちてきて、全身がどろどろのべったべったになります。

夏の夜ランってこんなにしんどかったっけ!?

(去年の7月の日記を探しに行ったら3回しか更新してなかったので、どうやらランニングをサボっていたもようです)。

 f:id:shin_kuroiwa:20150712154518j:image

15km走ろうと思ってたけど、とても無理だと思ってコースをショートカットしました。

 

ラップ

f:id:shin_kuroiwa:20150712154548j:image 

キロ6で行こうと思ったのに、蒸し暑さに負けて9kmから力尽きました。

13kmしか走ってないのにGREEN DAKARA550mlを飲み干してしまった。

 

乗り切れるのかこの夏! 夜でこんなに暑いのに、真昼間に走ってる人たちはどういう身体をしているのでしょうか…すげえな…。

夜ランでも暑さ対策を考えなくては。

 

あ、「泣く泣く晩酌を諦めた」なんて殊勝なことを書きましたが、ご心配なく!

休日は血中アルコール濃度を必ず一度は上げる主義です。

 

 

?