働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

ウルトラマラソンのススメ!

ウルトラの話しは前回で最後にしようと思ってたのですが、最後に一回だけ、これだけは書かせてください!

(あ、あと年代別表彰の副賞が届いたときも書きます!)

 

柴又100Kのレポート、ブログのコメント欄やTwitterでさまざまな感想を頂戴しました。3万字近い長いレポートにお付き合い頂いて本当にありがとうございます! とっても嬉しいです!!

頂戴した内容を一部抜粋・要約いたしますと、

 

・読んでいるだけで吐きそう

・読んでいて疲れが出てくる

・ウルトラって素人が安易に手を出しちゃいけないと肝に銘じた

・苦しさや痛さがものすごく伝わってくる

・ウルトラに興味を持っていたが、壮絶なレポートを読んで到底無理だと痛感した

 

えー!! ネガキャンになってない!?(やりすぎたか…!)

 

私は世の中に何万人もいるサブ4ランナーのうちのひとりに過ぎず、ランニング暦は3年ちょっとだし、そしてこのブログで繰り返し書いてきたように体育の授業は落ちこぼれ居残り組で(怪我で病院送りの経験もあり)運動に良い思い出はひとつもなく、そんな私でもしっかり練習すればウルトラは完走できますよ! というつもりで書いたので、そんな遠巻きに見ないでー!!!

 

というわけで、最後の最後に「ウルトラ走ったらこんな良いことがあったよ!」キャンペーン&「これだけやったら走れたよ!」でまとめます。

 

ウルトラ走ったらこんな良いことがあったよ!

とにかく自信が付く!

「100km走り切れる強い脚がある」というのは秋のフルマラソンに向けて絶対的な自信になりました。

レースのタイムは12時間1分55秒、平均ペース7分13秒でしたが、オートラップを設定していた手元の時計では11時間24分、平均ペース6分49秒。

f:id:shin_kuroiwa:20150618160152j:plain

ロスはだいたい40分ですね。

五霞のエイドで15分程度休んだほかは、トイレロス(2回、10分くらい?)、あとは各エイドで立ち止まった時間の積み重ねです(本当は歩きながら補給できれば良かったのですが、ほとんどのエイドでゴミ箱がエイドのすぐ側にしかなく、立ち止まって補給せざるを得ない状況でした。紙コップが散乱してました…。ゴミはゴミ箱に!)。

 

100kmを7分弱ペースで移動できるスタミナあれば、あとはスピード付ければいけるだろ、3時間40分!!(この自信が慢心でありませんように…)

と、とても強気な気持ちになれます。

メンタルトレーニングに最適!

 

100kmを走れるアナタは幸せ

100km完走して改めて心から共感した、柴又100Kレポート【その1】で引用させて頂いたコメント。

「走ることだけに専念できるハッピーな日」。

ただ走るためだけに、早朝から夜まで1日を使い切る…。走るのが好きな人にとって、こんな贅沢な時間の使い方は他にありません。

 

このブログで3度目の引用になる岩本能史さんの「まな板の上のあなたへ」にも書いてあります。

高いお金払って尋常ではない苦しみを味わえるんですからアナタはとっても幸せ者。
苦しみを楽しみましょう。

そう。幸せ者なんです。

走らない人や、ランナーでもウルトラに関心のない方から見たら完全に狂気の世界に違いないのでしょうが、ウルトラマラソンを走れるというのは、考えてみればとても幸せなことなんですよー!!

(ここまで大丈夫ですか、ついてきてくれてますか?)

 

人生の鉄板ネタを手に入れる

皆さん、初対面の方を絶句させるスペック、何かお持ちですか。褒められる、とか驚かれる、とかじゃなくて「絶句」させるスペックです。例えば「実は前科があります」とか、赤の他人に「何でそんなことしたの!?」と思わせる何かです。

サブ4を苦労して達成しても、ランナーじゃない方にはどれくらいのレベルのタイムなのか分かってもらえません。でも「100kmマラソンを完走した」と言えば、ほぼ全員、笑うか絶句してくれます。鉄板です。

飲み会のネタには当面困りませんよ!(引き換えに失うものについては、考えてはいけません)

 

これだけやったら走れたよ!

3ヵ月の月間走行距離です。

f:id:shin_kuroiwa:20150618160041j:plain

f:id:shin_kuroiwa:20150618160057j:plain

f:id:shin_kuroiwa:20150618160107j:plain

エントリー時にまとめた「走力チェック」をおさらいします(女子一般は完走率30%…柴又100kにエントリーしました - 働くお母さんが走るブログ

 

・5kmを25分以内で走れる→○(トレーニングでは実践せず)
・10kmを60分以内で走れる→○
・月間200kmの走行距離(または月間20時間の練習)→○(ギリギリ!)
・週間50kmの走行距離(または週間5時間の練習)→×
・フルマラソンはサブ4→○
・体重のBMIが22以下→○

 

経験者の方から「月間200kmにこだわる必要はない」というアドバイスも頂きましたが、私は200km走ったことで「あれだけ走ったから大丈夫!」と自信が付いたので、距離にこだわって良かったです。

距離を踏むウルトラのトレーニング(完走目的の場合)は、脚や心肺に色んな刺激を与えるフルマラソンの練習(というか金哲彦トレーニング)とはまったく違うものでした。ひとりでロング走は飽きるので、マラニック要素の強い練習を取り入れて長距離走ったりしました。

ひとり箱根駅伝」は故障のリスクがあったものの、ウルトラ向けトレーニングとして振り返ると、やってよかったです。特に後半60kmの箱根5区含むコースは岩本コーチの「峠走」に近い効果があった気がするし「60kmまで知っている」という実績は精神安定剤になりました。故障のリスクはあるけど(大切なことなので2回言いました)。

50km以上のロング(いずれも「ひとり箱根駅伝」)は2回やりましたが、1回目よりも2回目の方が確実にダメージが少なく済んだので、経験しておいて良かったです。

 

ただひとつ感じたのは、ウルトラマラソン挑戦は、年齢的に早すぎたのかも、ということ。ウルトラ完走には精神的な要素も大きいです。もっといろんな人生経験を積んで、フルマラソンもたくさん走った上で挑戦したら、泣きながらゴールしなかったかもしれないし、もっと違う景色が見えたかもしれません。

10年寝かせて出直してきます!(また泣くかもしれないけど)

 

今回の柴又100Kは、この日記を含めて、あくまで私個人の経験と感想です。

 

このブログを読んで下さっている方はほぼランナーだと思います(そしてサブ4前後の方が多いのでは)。

ランナーの方は、自分の足でレースを完走したかけがえのない経験の素晴らしさをよくご存知のはずです。ジョギングを始めた時、フルマラソンを完走できるなんて思ってましたか? ましてや記録を狙うようになるなんて。

100kmという数字を見ると途方も無い距離に感じますが、最初は42.195kmだって壁のように感じていたはずです。

 

ウルトラを完走して「楽しかった?」「またやりたい?」と聞かれたら言葉を濁してしまいますが、ただひとつ、確信を持って言えることがあります。

100km走って本当によかったし、私はやっぱり走ることが好き。

 

来年はひと夏の思い出に、勢いで、勇気を出して、ウルトラマラソン、どうですか。あなただけの、特別な経験。岩本コーチの「まな板〜」、最後の3文をもう一度読み返して。

 

まあ、私はあと10年、やらないけど(台無し)。

 

 

?