読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【その10・まとめ】最初で最後の柴又100K

 柴又100Kを完走した雑感をまとめます。
 

気象条件に恵まれた!

昨年は酷暑で女子一般参加者の完走率が3割、という地獄のようなレースだったようですが、今年は気象条件に恵まれました。朝は涼しく、日中もそこまで気温は上がらなかったので(暑かったけど)、一般女子でもアーリースタート組を含めて完走率6割を超えたようです(エントリー人数ベースですから実際の数字はもっと上がると思います)。ラッキーでした!
逆に言うと、柴又100K完走のポイントは「お天気がすべて」なのかもしれません。
気象条件さえ整えば、「とにかく100K走ってみたい!」という方にとって、ウルトラマラソンの入門コースとして最高ではないでしょうか。
 

エイド、良かった!

炭水化物、糖分、フルーツ、果てはアミノバイタルパーフェクトエネルギーまで、給食はバリエーション豊かで量もたくさん。
何より有り難かったのは、エイドの水がいつまでも冷たかったことです。昼の暑い時間にはとても嬉しい配慮でした。あんな河川敷まで氷を運ぶ運営側の努力、頭が下がります。後半はコーラに救われました! あ、謎のスポーツドリンクはあんまりおいしくなかったです…(塩熱サプリと干し梅持って言ってよかった!)。
 

柴又のエントリー料は高くない!

よく「高額だ」と槍玉に挙げられるエントリー料。
2万2000円は私にとって超大金ですが(くれるなら土下座くらいするよ!座敷だったら!土間だったら4万5000円は欲しいよ!)、首都圏在住で日帰りできる範囲に住んでいる人にとっては「時間をお金で買う」という観点で見れば、決して高額ではないと思います。
例えばチャレンジ富士五湖の100km、レース単独だと1万8000円だけど、宿泊費と交通費も別にかかるし、前泊じゃないと行けないでしょ? 野辺山だって同じ。

完全核家族で幼児のいる我が家では前泊が許されない雰囲気があるので(私も「このレース、前泊してまで出たい!」と家族を説得するほどの情熱もない)、日帰りできる柴又100Kがなければウルトラマラソンへの挑戦は物理的に不可能でした。

この「日帰りできる」ことが私にとって柴又100K最大のメリットで、それを享受できる首都圏在住者にとっては、2万2000円は決して高くないと思います。

あと、最近のレースではフルマラソンでも1万円以上のエントリー費用が必要な大会がたくさんあるので、フル(4時間)の3倍(12時間)の時間もケアして頂いて2万2000円なら、時間当たりのコスパはウルトラの方が優位!(主婦感覚)

 

参加賞がショボイのは認めます(でも参加賞のために走ってるんじゃないので!)。

 

私、初ウルトラにしては結構速い!

柴又100Kの大会結果が確定しました。

私は一般女子完走者(アーリースタート含む)104人中、27位。上位26%!(ギリギリ25%に入れなかった…! 詰めが…!)

初ウルトラにしてはまずまずの結果では。私のタイムだと、男子の総合ランキングで見ても半分より上でした。やったー!

それより何よりうれしかったのが、年代別(男女別、5歳刻み)順位でなんと3位!!!!! 

 

3位---------!!!

 

3位までが年代別表彰対象者なので、あとで副賞が送られてくるそうです。嬉しい! 10人中3位だから競争率が低いけど嬉しい!! 人生初のスポーツでの表彰!(たぶん最初で最後!)

30代のクラスだと私のタイムでも3位に入れますが、40代前半だと11時間切らないとお話にならないみたいなので、30代のうちに走っておいて良かったです。

ちなみに20代女子は、完走しただけで表彰されるレベルで少ないです。

 

 私の見たい「地獄」は柴又になかった

 完走して10日が経っても、私にとってウルトラマラソンとは何だったのか、よく分かりません。時間が経てば記憶が美化されるかなと思ったけどそんなこともなく、「あと10年くらいしたら野辺山走ってみたいと思うかも、でも柴又はもういいや」という感じ。
柴又100K、走る上で不満はなかったし、行き届いた良い大会でした。ただ、フラットな100Kを完走して「お腹がいっぱいになった」という感じです。
 
鏑木毅さんが好きすぎて、「地獄を見たい」とエントリーしたけれど、私の見たい「地獄」はここにはありませんでした。そりゃ辛かったけど。燃え尽きてない。初フルで5時間切ったときのような高揚感や、静岡でサブ4した時のようなかけがえのない達成感は得られませんでした。12時間切りを2分で落としたけど、「リベンジしたい!」という気持ちも湧いてこない。割と「気が済んだ」感じです。
 
ウルトラはしばらくいいや。ここは私の居場所ではない。
私が戦う場所は、やっぱりフルマラソン。「フルくんが本命、ウルトラは火遊び」。まさにこの通りでした。それでもウルトラと火遊びして、フルマラソンへの思いの強さを確認できたのは良かったです。体の強さも実感できたし。
 
さいたま国際マラソン、3時間40分切り目指してしっかりトレーニングします。
 
(これ書いてて、我ながら、シャブ中みたいだなと思いました)
 

走ってよかったこと!

・何だかんだ言っても完走は嬉しい!
スレた事を言っていても、壁に飾った完走メダルが目に止まるとニヤニヤしちゃうし、目に止まると意味もなく触っちゃうし、完走者だけが買えるフィニッシャーTシャツも申し込んじゃいました。Tシャツ、着こなしの難しいデザインなのに。買う気なかったのに。せっかく完走したからってつい。
 
100km走るというのは、やはり特別な経験でした。
頑張ったもんね。完走できて嬉しいよね(あと10年はやらないけど)。
 
完走記でも書いたように、レース中はいろんな方に励まされて辛い時間を乗り越えることができました。ウルトラを走ると人にやさしくなれる! この気持ちを忘れず、私も強くて優しい、辛いときでも笑顔で走れるようなランナーになりたいです。
 
・アクセスが増えた!!
ブログ書いている人というのは承認欲求の塊なので(異論は認めます)、アクセスが増えると嬉しいです。おかげさまでブログランキングも10日ほど1位を独走できました。嬉しいー!!! ランキングリンクのクリックありがとうございました!
レースレポは他の記事と比較してアクセスが増える傾向にあるのですが、柴又100Kのレポートのアクセスは段違いに多かったので(普段のレースレポが700アクセスの上積みなら、柴又は1500アクセスの上積み)、みなさんウルトラマラソンに関心が高いんだなと改めて実感しました。
来年、100km走ってみませんか? 特別な体験ができますよ(私はあと10年やらないけど)。
 
・はてなブログツイッターの人気記事ピックアップに載った!

これもブログがらみ。

うれしい!!

 

 ・Twitterで岩本コーチに褒められた!

f:id:shin_kuroiwa:20150616124546j:image

 ウルトラの母、感激…!
(この少し前に私がフォロワーの方と「岩本能史さんの「まな板~」大好き、最高!」と盛り上がっていたので、それが岩本コーチのエゴサーチに引っかかって、たまたまウルトラ完走して私がはしゃいでいるのが目に付いたもよう)

これは一番のごほうびー!!

 

 で、買った。

 (私、ちょろい)
(後日感想書きますね)
 
 
次回は体の変化について。
 
 
※質問あったら何でも受け付けますので(記憶があるうちに)来年柴又を検討されている方、ご興味がある方、コメント欄・Twitterでお気軽にどうぞ!
 
 

 

?