働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【その9】おうちに帰るまでがマラソン大会です~柴又100K完走記

(前回まで→【その8】100kmマラソン、フィニッシュ~柴又100K完走記 - 働くお母さんが走るブログ
 

 フィニッシュゲートをくぐって惰性で足を進めていると、係の方が「お疲れ様でした!」とメダルをかけてくれました。
そうなの、疲れたんです。
「つかれましたぁあ゛ぁ〜」と泣く私。
ちょっと引いてる係の方。
 
カメラマンが笑顔で近づいてきました。「一枚撮ります!」
メダルを手にした私「う゛う゛う゛ぅ…」
明らかに引いているカメラマン「も、もう一枚!」
 
物心ついてから、疲れすぎて泣くなんて始めての経験かもしれません…。
 
まだ歩けるし、立っていられるし、座り込みたいとも思わない。肉体的な損傷は想像したより少なくて済みました。まさか呼吸器系がやられるとは想像していませんでしたが…。
 
私にとって、ウルトラの「洗礼」は肉体的なものではありませんでした。そりゃ苦しかったけど。
60kmまであんなにみなぎっていた負けん気や精力が走れば走るほどどんどん削り取られ、ラスト30kmで根こそぎ持っていかれ、体の中が空っぽにされたような感覚。すべてを絞り取られた気がします。
 
ウルトラマラソン、恐るべし。
あと10年は走りません。
 
f:id:shin_kuroiwa:20150614112430j:image
完走メダル。
重い。
 
フィニッシュ後にも給水所があり、ゴールドのアミノバイタル(富裕層向け)が貰えたので、その場でしっかり飲みました。頑張れ筋肉!!
 
プリンタの置いてあるテントがあったので立ち寄ってみると、ランナーズアップデートを出力してくれました。
そういえばタイムはどうだったんだろう。
 
12時間1分55秒。
 
あとたった2分!
相変わらず詰めが甘い…。
 
まあ、これが私の実力か。
少し笑いが漏れました。仕方ない。やるだけのことはやったんだから。
 
ブログをアップして、預けた荷物を受け取って、銭湯に向かおうとゆっくり土手を上がっていると、年配の男性に声をかけられました。
男性は友人の応援に来たそうです。
 
「今日、100km走ったんですか?」
「あ、ええ、まあ、はい(コミュ障)」
「もう帰ってきたんですか! 速かったですねー! タイムは?」
「初めてだったんで…12時間ちょっとで…」
「へえー、速い! フルはサブスリーですか!?」
「まさか! サブ4レベルです!」
「へえー、初めてでそれは速いですよー! おつかれさま!」
 
じわじわ嬉しい…。
 
朝のタクシーの運転手さんからこの土手で出会ったおじさんまで、今日は素敵な出会いばかり。
 
極め付けは、
f:id:shin_kuroiwa:20150614121454j:image
ブログの読者の方から唐揚げ(私の一番好きな食べ物)を頂きました。
ひぃー! すみません! すみません! 生まれてすみません!
 
私は個人の経験を日記で書き散らしてるだけなのに、わざわざ会場まで足を運んで、差し入れまで下さるなんて、なんか文章の力ってすごい…と他人事のように思いました。本業(物を書く仕事)でももっとちゃんと頑張ろう…。
 
いろいろ反省しつつ、唐揚げを食べ歩きながら(元気な胃腸)向かったのは銭湯。大会案内に地図が載っていました。
f:id:shin_kuroiwa:20150615173250j:image
さっぱり帰りたいからね。
でも地図で見たイメージより遠い…。
 

そうなんです。脚はなんともないのですが、ゴホゴホと痰の絡んだ咳が止まりません…。
ノドが切れてる気がする…。
 
f:id:shin_kuroiwa:20150614123839j:image
(玄関で柴又のランナーの方とお話ししたり、脱衣所で長話のおばあちゃんにつかまるという下町あるあるまで書くと一生終わらないので割愛)
 
この銭湯は蛇口の並んでいる場所にシャワーがなく、独立したシャワーブースが4つほど並んでいる珍しい作りでした。シャワーは一定温度のお湯が出るだけで、水風呂もないので、アイシングは洗面器に水を溜めて足にかけるという原始的な方法です。
水ごりかよ…!と思いました。
冷たい…!!
 
シャワーを浴びているときに薄々「痛いな」って思ってたんですけど、湯船に浸かった瞬間「いたっ……!」って思わず声が出て、前かがみになりましたよね。
しーみーるーーー!!!
 
いたぁい……いたい……。
 
下乳です。
したちち。
 
80kmくらいから、擦れてるなあ、痛いなあ、とは思ってたよね。
 
シャワーブースに戻って鏡で確認したら、下乳の下半分が真っ赤!! 擦り傷だらけ!! 軽くホラー画像です。何の罰ゲームだよ!!
 
ウルトラを走る女性の方へ。
コンプレッションウエアをスポブラの下に着ましょう。この悲劇を繰り返してはならない…(ワセリンいっぱい塗ったのに!)
 
肩まで浸かりたいけど痛くて無理なので、下半身だけ浸かって→水をかけて→浸かって→水をかけてと3往復くらいしてから上がり、さあ湿布を貼ろう、とカバンを開けたところで、思い出しちゃいましたよね。
 

あと10年は走らないと決めたウルトラの会場に速攻で戻ってくるの図。
f:id:shin_kuroiwa:20150615085247j:image
ナンバーカードを提示してドロップバッグを受け取ると、時刻は21時20分。あと1分で、柴又100K、ゴールの制限時間です。
 
せっかくだから、ちょっと見ていこう。
 
フィニッシュゲートを覆うように掛けられた柵にもたれかかって、ゴールしてくるランナーをぼんやりと眺めていました。
ゲートに掛けられたデジタル時計は坦々と進み、時刻は制限時間の21分を越え、22分を過ぎました。
ゴールゲートはまだ封鎖されず、フラフラになったランナーが青い計測マットめがけて駆け込んできます。
 
(あの人はタイムオーバーで「完走者」になれないんだな…)
と思うと、何とも言えない気持ちになりました。
 
100km。14時間。
途方もない距離と時間です。
 
 
ウルトラマラソンって…何だったんだろう…。
 
23分まで確認して、その場を離れました。
 
 
さあ、帰ろう。
日常が待っている。
 
 
日常。
f:id:shin_kuroiwa:20150615173724j:image
(グレーの方が夫です)
(この日はAKB総選挙でした)
(私はまゆゆが一位になると思ってました)
 
翌日。

 

ばんそうこうを貼って、過ごしました。

次回、柴又100Kの総括をして、その次にウルトラ後の体の変化を書いて、私の「ウルトラマラソンへの道」は終わります。
 

 

?