働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【その4】杉戸町はこの世の極楽でした~柴又100K完走記

 
28.4km、第11給水所はアミノバイタルエイド!!

f:id:shin_kuroiwa:20150609085935j:image

わー!! これ石井スポーツで買ったら260円くらいするやつでしょ!! やったー!! (主婦感覚で興奮)
 
頂きまーす!!
 
…ぬるい(給水所の水が冷たくて、甘やかされています)
 
ゼリーを歩きながら流し込んで、同じ給水所で提供されているパンも食べました。
f:id:shin_kuroiwa:20150609090004j:image
チョコパンを取ったと思い込んで、噛みちぎったらアンパンでした。
地味にショック。
私のチョコ…。
 
水で口の中をきれいにして、足と腕に水をかけて、また走り出します。
くそっ、帰りはチョコパン食べてやるからな!
 
ここまで軽快に走ってきましたが、30kmを越えてしばらくすると、急に太ももが重くなりました。
おお、まずは一段階目の疲労感。ようこそ!
 
足がどこまで辛くなるのか、ちょっと楽しみでもありました。
股関節は痛くなるかな。膝はどうかな。アキレス腱は?
私はボロボロになって地獄を見るそのために、エントリーしたんだから。
 
前回の日記のようにイケイケモードだった私はその時、ぺーサーを探さず、GPSウォッチのペースが6分20秒を上回らないようにだけ気をつけながら、ひとりで好きに走っていたのです。
が、早くも作戦を変更しましょう。
 
辛くなりそうな時は誰かに引っ張ってもらうのが一番。
星マークのついた男性ランナー探します。
居た。
星2つ。いいぞ。
 
ペースは相手に任せて、私は走りながら体を点検。
脚は重いだけ。
どこも痛くないし、ちゃんと動く。
前の人にも余裕でついていける。
よしよし、大丈夫大丈夫。
 
先月まで心配していた膝の違和感も、今日は気配すらありません。
だって私の膝にはゴンテックスの貼足があるから!! 柄まで鏑木毅さんとおそろいの!! 

「膝だけは激走100マイル!」などと意味不明の事を思いながらお守りのつもりで貼ったのですが、レース後、膝の関節も腿も何ともなかったので、私には確実に効果がありました。

今後も勝負レースのときは必ず貼ることにします!

 
 それにしても、35km地点の未舗装路は、いじめに近い…。
f:id:shin_kuroiwa:20150609090020j:image
 
さて、柴又100Kは今回から一部、公道を走るコースに変更されました。
ドロップバッグのある茨城県五霞町(50km前後)と、埼玉県杉戸町(39km前後、61km前後)です。
交通規制はしていないとのことでしたが、交通量が本当に少なかったので、走行を止められることはなかったです。
f:id:shin_kuroiwa:20150609173018j:image
 
まず最初に走る公道は、39km前後の杉戸町。
f:id:shin_kuroiwa:20150609090147j:image
のどか。
 
 応援の少ない堤防を降りて杉戸町に入ると、「ここは極楽浄土かもしれない…」と錯覚するような手厚い歓待を受けました。
 
杉戸町のボランティアは高齢者の方が中心だったのですが、こんな暑い中、皆さん沿道に立って、手を叩きながら我々を迎えて下さって、優しすぎました。
 
「ナイスラン!」
「ナイスラーン!」
「ナイスラン!!」
 
ありがとうございます!
 
「ナイスファッション!」
「ナイスファッション!」
「ナーーーイスファッション!!」
 
おお…応用が利くな…。
(私の前をチアガールの衣装を着た女性ランナーが走っていたためです。ナイスファッション!)
 
エイドに折れる手前の道で、ボランティアのおじいさんに「ありがとうございます」とお礼を返すと、おじいさんが声をかけてくれました。
 
「す〜ごいねえ。ここまで来ちゃったよぉ〜」
 
褒められた!
不意打ち!
 
あの一言にずいぶん励まされました。
まだ半分も走ってない、と、張り詰めていた気持ちが緩みます。
 
そうなんです、そうなんです、39kmも走ってきたんですよ。
すごいよね。走ってここまで来ちゃった。
 
高いカネを払って100kmも走ろうとしてる頭のおかしい人間たちのために、本当にありがとうございます…。
 
39km、杉戸町ふれあいセンターエイドでは、おにぎりとはちみつと梅干しが提供されていました。
f:id:shin_kuroiwa:20150609090221j:image
エイドの女性が勧めてくれた、おにぎりと梅干しを頂きます。
美味しい、美味しいよおばちゃん!! 塩加減もちょうどいいよ!
 
気分はもう、夏休みに田舎の親戚の家に遊びに来た小学生ですよね。
 
水を全身にかぶります。
足にかけて、腕にかけて、首と背中にもかけます。
熱がこもっているような感覚がありましたから、帽子を取って頭にも。少し迷って顔にもかけました。化粧のことなんて知るか!
 
おでこに水がかかると、熱が抜けていくような感覚がありました。やはり顔にかけるのは正解だった。
 
ふれあいセンターの前にはベンチがあって、ランナーがぎゅうぎゅうに腰掛けていました。みんな弱っている…。暑かったですからね…。
(去年はこれより10度近く暑かったのか…壮絶だったんでしょうね…)
 
杉戸町の皆さんありがとう!
移住だ! 移住するしかない!!
ふるさと納税もできるよ!!→杉戸町ホームページ
 
しかしここはウルトラマラソンのエイド。長居は無用です。
後ろ髪を引かれる思いでこの世の極楽を後にします。
ああ、またあの堤防の上に戻るのか。
 
で。
戻った。
f:id:shin_kuroiwa:20150609173744j:image
 
狭い。
人がいない。
誰も優しくしてくれない…!
 
杉戸町で甘やかされたせいで、この区間は寂しかったです…。
 
それでも、この頃には折り返してきた速いランナーとエールを交わすことができて元気をもらえました。
速いペースなのに、笑顔で手を振りながら走ってるランナーもいました。あれはカッコよかった。憧れます。
 
そんなこんなで、フルマラソン越え!
f:id:shin_kuroiwa:20150609174440j:image
 
まだまだ余裕。
 
46kmの少し手前から、また公道を走ります。54kmまで続く五霞町エリア。
f:id:shin_kuroiwa:20150609174809j:image
こっちものどか。
 
f:id:shin_kuroiwa:20150609180350j:image
田んぼ。
 
目指すは47.5kmの第19給水所。
五霞町ひばりの里のレストステーションです。
 
ドロップバッグを受け取って、うどんを食べるぞ!!
おー!!
 
ただ、ちょっと、胃が重いよね…。
(パンを一気に4個も食べるからです)。
 
45kmまでのラップ。
f:id:shin_kuroiwa:20150610165446j:image
 杉戸町で3分くらい使ったもよう。
 
つづきます。
 
 

?