読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【その3】走ることは食べること! そしてイケイケモードへ…〜柴又100K完走記

ウルトラマラソンへの道 参加レース
 
 少しずつ雲が裂けて、青空が見えてきました。

f:id:shin_kuroiwa:20150608124046j:image

(写真左側の人「関西まで走って帰る」ってナンバーカードに書いてたけど本当かな…。お連れの方と一緒だったので声をかけられませんでした)
(星2つの人だったから、たぶん本当だな…)
(ウルトラ界隈、なんなの…)
 
気温が上がってきたので、ウインドブレーカーを脱いで、ポーチのベルトに巻きつけました。
行きも帰りも、コース上は時折強い向かい風が吹いていましたが、それでも気温は下がらなかったので、結局、最後まで脱いだままでした。
 
「星」を探してぺーサーを見つけても、相手がトイレに離脱してお別れになってしまったり、給水所で見失ってしまったり。
序盤の15kmくらいは、背中の「星」を探す遊びで、退屈しなくて済みました。ええ、性格が暗いです。
「星」のランナーを見つけると、後ろから追いかけて、ピッチをあわせてみたり、ストレッチを真似てみたり。
 
たまに追い抜くついでに話しかけたりもしたのですが、序盤は「話しかけなきゃ良かったな…」と思うことの方が多かったです…(理由はいろいろ…)。
 
 
さて、ウルトラマラソンを走ると膨大なカロリーを消費しますから(体重×距離の単純計算でも体重50kmの人で5000kcal)、レース中は「食べながら走る」ことが基本です。
まかせて! 胃腸の丈夫さなら折り紙つき!
 
最初の食べ物は、9.1kmの第4給水所。
f:id:shin_kuroiwa:20150608124109j:image
スイカーーーーーーーーーーーーー!!
やったーーーーーーーーーー!!
 
エイドの方が「富里のスイカ」とおっしゃっていました。おー! 今年スイカロードレースに外れたのに、まさかこんなところで食べられるとは。
 
先は長いので、とりあえずひとつ頂きます。
内臓に負担がかからないように、少量を、こまめにね。
 
スイカを食べたらお腹が空いてきたので、ポーチに入れていたナッツ&フルーツをぽりぽり齧りながら進みます。
次の給水所でスポーツようかんを一本食べました。
 
スイカの写真でも強い日差しがお分かり頂けると思いますが、スタートから一時間も経たないうちに、空模様はすっかり初夏の晴天。
f:id:shin_kuroiwa:20150608124124j:image
端的に言うと、暑くなってきたよね。
 
三郷の親善大使、「かいちゃん」のお見送り。
f:id:shin_kuroiwa:20150608124159j:image
暑いですよね…がんばってね…(大人目線の応援)
 
17kmの第3給水所、参加案内を改めて確認したら「おにぎり」だけしか書いてなかったのに、酢飯おにぎりのほかに、一口饅頭も置いてましたよー! 
やったー!
f:id:shin_kuroiwa:20150608124224j:image
ごちそうさま!
 
f:id:shin_kuroiwa:20150608124247j:image
20kmの関門(10時15分締め切り)は9時34分に通過。
 
ここまで気分良く走っていたのですが、ちょうど、20kmを過ぎた頃でした。
景色が単調で飽きるので、私はコース右手の江戸川ではなく、民家の立ち並ぶ左手側を、ぼんやりと眺めながら走っていました。
 
一軒家の広いベランダに女性が立って、ゆらゆらと踊るように揺れていました。女性の胸には1歳にも満たないような小さな子供。外の空気に当てながら、女性は、その小さな子を寝かしつけているようでした。
 
(なんて「正しい」んだ…)
 
圧倒的な「日常」を目の当たりにして、何というか、ガツンと頭を殴られたような気がしたんですよね。
一方で私は、2万円を超えるエントリー料を払って、辛い思いをしながら、わざわざ100kmも走って、絶対的な「非日常」を過ごそうとしている…。
 
(おかしい…)

(どうしてこうなった…)

 

なんだこれ、よく分からないけどメンタルやられた…!!
 
街中を長時間走るからこそ目にする、こうした「日常」と「非日常」の対比は、終盤で私の精神をさらに削ることになります。
 
 
気を取り直して、22.9km、第9給水所では、塩飴とパン。
f:id:shin_kuroiwa:20150608124313j:image
パンはオレンジ味と抹茶味とチョコ味だって!!
全種食べちゃう!! 全部!!
 
ウルトラのセオリーは、少量を、こまめに。
パンを3つとも食べた時点で、あれ?食べすぎ?という気が薄々して来ましたよね。
 
ごめんなさい、いま嘘つきました。3つって書きましたけど、オレンジのやつは2つ食べました。だから全部で4つでした。
 
ここで太田胃酸を投入します。
独特の味がするので目が覚めますね。
 
この頃から、給水所を通るたびに、タイツと、アームカバーと、頭と、背中に、水をザブザブかけるようにしました。
このレースで感動したことのひとつですが、最後までずーーーーっと給水所の水が冷たかったんです。本当にありがたかったです。
提供されていたスポーツドリンク(なんか黄色かった?)があまり口に合わなかったので最初の給水所以降は水しか飲まず、3カ所に一回くらいの割合で、塩熱サプリか干し梅を食べるようにしていました。
 
淡々と、4分の1を通過。
f:id:shin_kuroiwa:20150608124342j:image
 
ここまでのラップ。
f:id:shin_kuroiwa:20150608174550j:image
星マークの方々のおかげで比較的きれいなラップ。
15kmで3分余計にかかっているのは、11kmくらいに公衆トイレ(洋式)があったからです。長旅ですから、なるべくきれいなところで済ませたいですよね(トイレの近くにキョンシーがいました)。
 

25km過ぎに見えたシロツメクサの絨毯が、おとぎ話の世界のようできれいでした。

f:id:shin_kuroiwa:20150609082818j:image
 この頃は、シロツメクサをきれいと思う心の余裕がまだまだあったということですね。
 
しばらく走るとまた堤防の下に降りるのですが、コースを見下ろしながら走っていると、あることに気づきました。
f:id:shin_kuroiwa:20150609083231j:image
まだ4分の1を過ぎたばかりなのに、みんな、結構、へばってない?
 
そうなんです。
急に気温が上がってきたせいもあると思うんですが、ぱっと見た感じ、半分くらいの人が「へとへと」に見えたんです。
 うつむいて、背中を丸めて、腰も落ちています。
 
まだ4分の1なのに。
私はこんなにも元気なのに。
 
むくむくと自信が湧いてきて、この時に、確信しました。
 
あ、私、完走できる。
 
足は自然に、追跡していた「星マーク」の男性ランナーを抜きました。
ここからしばらくは、もう、イケイケでしたよね。
 
つづきます。
 
 

?