働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【その2】100kmレース、号砲~柴又100K完走記

(前回まで→【その1】ウルトラの母に私はなる!〜柴又100K完走記 - 働くお母さんが走るブログ

 
Hブロックの待機列に入って、三年連続でエントリーされているという女性ランナーの方とお話ししながらスタートを待っていました。経験者のアドバイスはありがたい!
 
相手の方「コースから外れるんですけど、30kmくらいにある博物館のトイレ、洋式で座れるし、男女別だからいいですよ」
私「男女兼用トイレって何であんなに汚いんですかね!! ほんとテンション下がりますよね!!」
これ、くろいわが常々不満に思っている点ですからね!!! 汚したら拭こう!!!!
 
さて、3分ごとに各ブロックがスタートして行き、いよいよ、私のいる最終ブロックの番になりました。
f:id:shin_kuroiwa:20150608084245j:image
 
今回の装備は(下着除く)、
・キャップ
・Tシャツ
・ワコールのアームカバー
・モンベルのEXライトウインドジャケット
・C3fitのパフォーマンスロングタイツ
・ハーフパンツ
・R×Lソックス(5本指)
・シューズはミズノのウェーブライダー16
・GPSウォッチはEPSONのSF-710(安心の30時間バッテリー!)
・首に手ぬぐい
・膝と足首には鏑木毅さんとおそろいのゴンテックスのテーピング
・雨よけのカッパ(100均)
 
昼から暑くなりそうだったから、スポブラの下に着るか悩んだコンプレッションウエアは置いてきました。
手ぬぐいは、今月のランナーズで岩本能史さんが書いていた暑さ対策のひとつ。冷やして首に巻けば「脳を騙す」ことができるというものです(詳しくは買って読んでね!)
午前中は曇りだろうと踏んで、サングラスはドロップバッグに。
スレ対策として、指の股までていねいにワセリンを塗りました。
 
ポーチはモンベルのクロスランナーM。

マチがないので収容力はさほどではありませんが、ぺらぺらで体に密着するから揺れないのが気に入っています。

 

中身は下記写真のものに加え、太田胃散、ロキソニン、キズパワーパッド。
f:id:shin_kuroiwa:20150608085847j:image
(写真にある黄緑のウィンドブレーカーは着用中)。
 
アームカバーの下の、手首のあたりに、関門とエイド情報を書いたキネシオテープを貼りました。
f:id:shin_kuroiwa:20150608090150j:image
じ、字が汚いのはテープの上に書きづらかったからです!!
普段はもうちょっと綺麗です!!!! 本当に!!
 
関門情報は心の余裕を生むので、貼って良かったと思います。
 
待機しているうちに、雨はほぼ止んでいました。
 
時刻は7時21分。
定刻通りに号砲が鳴ると、列はゆっくり動き出します。
計測用のマットを踏みながら、GPSウォッチのスタートボタンを押しました。
 
さて、私には、ひとつ、懸案事項がありました。
前日のブログに、読者の方から頂いたコメント。
オリジナルのメッセージボード(背景黒)を持ってスタート直後に立っています!
 えっ…!!
 
それに対して私の返信。
そんな早朝に!? メッセージボード!? 落ち着いてください、私は石を投げれば当たるような、その辺を普通にあるいてるババアですからね! 今朝は寒いのでご無理なさらないでくださいねー!

 

私はものすごく疑り深くて警戒心が強いので、

 (ヤバイ人だったらどうしよう…)
 (いや、何だかんだ言っても、雨だし、来てないかもしれないし…)
(もしいらっしゃったら、人として挨拶くらいしたほうがいいよな…ヤバそうな人じゃなかったら…)
(いや、人は見た目では判断できないし…←超失礼)
 
私はその時、スタートブロックの入口からみて一番奥、土手の左側を走っていたんですが、声は、右側から聞こえてきました。
 
「くろいわさん、がんばってー!」
 
声の方を見ると、小柄な美人が体育会系のイケメンと並んで、黒い紙を掲げて立っている!!
 
なんだあれ!
 
なんだ、あれ!!!!
  f:id:shin_kuroiwa:20150608113404j:image
画像提供:みどままさん
 
ひー!!(動揺)
めちゃくちゃ手が込んでる!!
 
「くろいわさん、がんばってー!!」
 
見ず知らずのドムのために、小柄な美人が、こんな早朝から、何度も大声で叫んで…!
 
違うんです、私はこんなに応援してもらえるような人間じゃないんです、私にそんな価値はないんです、ブログでは自虐キャラですけど実際は偏屈で頭のおかしい虚栄心の塊なんです! 生まれてすみません! 生まれてすみません!
(ブログ読者の方が抱いているくろいわのイメージと、実際の私の乖離が激しすぎて、戸惑うことが増えてきたのが悩みです…)
 
スタート直後の混雑に流されて近づくことができず、かといって大声でお礼を言う度胸もなく(保身)、あわあわしていたら、あっという間に通り過ぎてしまいました。
無視したみたいになって本当にすみませんでした…。
 

うわあ、うわあ。

これは、恥ずかしくないように、ちゃんと走らなきゃ。

 

これからマラニックにでも行くのかというくらい凪いでいた私の心が、ざわざわしてくるのが分かりました。

目標は完走。

でもこれはレース。

柴又まで、お散歩をしにきたんじゃないんです。

そうだ、私は「地獄」を見る。

うわあ。地獄。

 

 スタート直後は道も狭く、混雑していますが、6分台で走れます。

急ぐ旅じゃないしね。

f:id:shin_kuroiwa:20150608113433j:image

 1kmを過ぎて堤防を降りると、

f:id:shin_kuroiwa:20150608113502j:image

 

700mも続く未舗装路。

f:id:shin_kuroiwa:20150608113522j:image

砂利がごろごろ転がっていて、走りにくい。

折り返しコースだから、これ、終盤にも走るんですよね…。

 

スタート後は雨もすっかり止んで、気温が上がってくる気配がしました。

2.6km、最初の給水所のゴミ箱に100円ショップの雨がっぱを捨て、コップをふたつ手に取りました。ひとつは飲んで、もうひとつには首の手ぬぐいを突っ込みます。体を冷やすために、しっかりと濡らしました。

 

レースペースは6分20秒~6分30秒の想定。

ひとりで走っていると、レースの高揚感で、ついペースが上がってしまいます。これではあと97kmも持たない。

 

そこで、ぺーサーを探すことにしました。目線だけを動かしながら、探したのはナンバーカードの星マーク。過去の完走者の背面のナンバーカードに印刷されているのです。

柴又100Kは今回で3回目の開催。つまり、星2つのランナーは、昨年の酷暑の柴又を完走したということ。着いていけば、絶対に間違いない。

 

見つけた。

同じペースで走っている、星2つを背負った男性ランナー。

少し離れて後ろについてみると、6分25秒ペースで淡々と刻んでいます。さすが去年の完走者! すてき!! 星がまぶしい!!

 

今回のレースでは私も色んな方に引っ張ってもらいましたが(ストーキングとも言う)、フルマラソンの時は必死だから気付かないんですけど、ウルトラの前半だと余力を持って走っているので「自分がぺーサーにされてるな」と分かる瞬間があって、新鮮で面白い経験でした。

 

つづきます。

 

 

?