読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

私は「本当に走るのが好きか」

昨日のブログに「実感がない」と書きましたが、本当に未だに「土曜日にレース」という感覚がありません。

 

レース2日前なのにこのありさま。

 

「ドーゾ」って譲ってくれました。笑顔で。100%善意。まじりっけなしの親切を受けてしまいました。

 

相手がなかなか降りなかったので、意味もなくお腹をさすったりした、通勤電車、2015年6月…。

 

つらい。

 

静岡マラソンの時はあんなに頑張って減量していたのに…心どころか体にも緊張感のカケラすらない…!!

どうした私!

 
レース前はいつも2週間くらい禁酒するのに土曜日の夜にビール飲んじゃったし、体重も減量どころか先週から不摂生が続いているというか、いや、ほんとに先週の食生活はひどかった。

(最後の大盛りプレートを注文している姿をtwitterの相互フォローしているランナーさんから、くろいわと知らずに「食いっぷりの良い女性」として認識されていた悲劇はまた別の話…)
 
先週は娘のお泊り保育もありました。
たまには夫婦二人、しっぽりと自宅飲みで…ね

翌朝(仕事で早出でした)。

反省はしていますが、きちんと完走(ボトルを空にしたという意味で)したので後悔はしていません。

 

あ、これ、無意識のうちに胃腸の訓練をしてるんだね!! 胃腸の強さはウルトラランナーの条件だって聞くもんね!!
じゃあ仕方ない!! 訓練だから!!(現実逃避)
 
 
こんな感じです。緊張感ゼロ。
今週に至ってはコンビニドーナツを食べ比べて…。
 
これではダメだ…!
 
レースへのテンションを上げようと、ウルトラマラソンに関する文章を読み始めました。
やはりウルトラランナーの言葉は重みが違いますね。ときめきます。
 
まずはサロマを30回近く完走し続けているプロトレーナーの越智利国さん。
昨年の柴又100Kのサイトで、ウルトラマラソンのトレーニングについて連載されていました。
その第8回。
私はレースの一番キツイ局面で「本当に走るのが好きか」と問われている気がします。ランニングが自分にとって「特別」であることを証明するためにもゴールを目指しています。
ランニングが自分にとって特別であることの証明-。
 
かっこいー!!! しびれるー!!!
レース中、つらくなった局面で思い出します。

 

あと、私が紹介するまでもなく、ウルトラに挑戦する方なら誰もが読んでいるのではないかと言うくらい有名な、岩本能史さんの名文はこちらですね。

まな板の上のあなたへ(ウルトラ編) | 岩本能史 run

(前略)実は参加者(完走者)のほぼ全員がレース中にちゃんとつぶれています。
(中略)
 もう絶対につぶれます。
でも安心してください。トップ10以外は全員つぶれるんですから。
アナタはつぶれる、アナタはつぶれる~!
(中略)
ぜっっったいにつぶれます。

 ちょっと!! やめてよ!! レース前に!!

やると決めたんだからやる!

という覚悟、作りましょう。

…はい…。

 

岩本コーチのこの「まな板の上のあなたへ(ウルトラ編)」、最後の一段落の3文が、まさに今「まな板の上」にいるランナーを泣かせます。未読の方はぜひ読んでみてください。

この記事ほんと大好きです。何十回も読みました。名文。

 

ああ、私もウルトラが終わったら、読んでくれているランナーの人の感情を揺さぶるような、シビれるブログが書けたらいいなあ、と思いつつ、今日のおやつはチョコパイでした(反省の色なし)。

 

私、ほんとに、土曜日に100kmも走るの…?(走ります)

********************************************

準備は着々と進めております。

 

黒・紺・グレーで生きてきた地味な私の人生に…初めてのヒョウ!!

レース当日は膝だけ大阪のおばちゃん(ヒョウ柄のイメージ)で走ります。

 

 

?