働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

上が89、下が70~ランナーと血圧

本日は健康診断でした。

昨年までは健保会館で受診していたのに、今年は健保会館の改築だか建て替えだかで、貸会議室での受診。いつもと勝手が違いました。

 万年ダイエッターにとって健診は、いわば「陸連登録者における陸連公認レース」のようなものです。

マラソン大会前にダイエットをして体重を絞ったとしても、公式な記録に残るのは健診で計った体重だけ。

陸連公認レースでサブ3.5を達成しなければ別大マラソンのカテゴリー2にはエントリーできないように、体重を減らすなら照準を健診に合わせなければいけないのです。公認記録だから。

 

健保会館での健診は、まずガウンのようなものに着替えてから体重を計っていたのに、今年は会場に入って荷物を置いたらすぐに「体重計に乗ってください」と促されました。そんな、出会い頭に!

(えっ…体重を計るならカーディガン脱ぎたい…! ベルトも外したい…! でもすこしでも軽く見せようとする下心がバレたら嫌だ…!)

と葛藤してたら結局脱ぐ間がなくなって、記録用紙に書かれた体重を見つめながら、まあ、反省会ですよ。

 

(どうして私、健診があるって分かってたのに、私は日曜日に鳥もも肉を600gも揚げたんだ....)

(昨日の夕飯の炊き込みご飯、お代わりしなきゃよかった…)

(炊き込みご飯、夫は止めてくれたのに…「明日朝ごはん食べられないから今食べる!」って振り切った私…)

あと…

 

私しか、悪くない。

体重は、来年に、賭けます。

 

さて、「低血圧」というと、男性の方は色白の華奢は美人がふらっとよろめく姿を想像されると思うのですが、残念なお知らせを致しますと、低血圧は体質的なものです。

私は日焼けしてるし足も太いですが、健康診断で上が90を超えた事のない、低血圧です。

今回の健診でも、上が89、下が70。

血圧が低くても日常生活に支障がなければ特に治療の必要はないのですが、たまにひどい立ちくらみがあることと、朝に弱いことが悩みではあります。

 

健康相談のブースで、保健師さんから、

「何か気になることはありますか?」

と聞かれたので、例年のことながら、相談してみました。

 

私「立ちくらみがひどいときがあって、何とか改善しないかなと思ってるんですけど…」

保健師さん「立ちくらみは最近ですか?」

私「いえ、ここ数年ずっとです。去年相談したら、『貧血はないので低血圧が原因。立ち上がるときはゆっくり動くように』と言われたので実践してるんですけど、気を抜いて急に立つと、血の気がさーって引いて、くらくら、チカチカすることがあるんです。気持ち悪いから何とかならないかなと思って」

保健師さん「なるほど。念のため、去年の結果を見てみますね。……ヘモグロビンの数値には問題ないですね。例えば日常的に運動すると、低血圧の改善につながりますが…」

私「運動は、してます」

保健師さん「ヨガとか、ストレッチとか?」

私「いいえ、月間200kmくらい走ってます」

保健師さん「それは…言うことないですね…」

保健師さんが引いている…。

私「血圧を上げたいんですけど…塩でも舐めたらいいんでしょうか…」

保健師さん「血圧は…無理に上げるものでもないので…」

 

聴診の時にお医者さんにも相談したけど「日常的に運動しているのに低血圧が改善しないのはめずらしいですね」って言われて終わりでした。取り合ってもらえない…。

 

立ちくらみと朝に弱い意外、生活に支障はないどころか、100kmも走ろうとするくらい、元気すぎるほど元気ではあるのですが、克服できない弱点があるのって、どうも気持ち悪いです。

うーむ。

 

*************************

相変わらず、故障にビクビクしながら走ってます。

「健診前日に激しい運動をすると尿蛋白が出るよ」とTwitterで教えてもらったので、昨日は7分半ペースでゆっくり8kmをジョグ。

途中、右膝のお皿にピリッと電気が流れるような痛みが一瞬だけ、3kmと5kmくらいで計2回あったんですけど、これ何だろう。

何かの前兆ではありませんように…。

ああああ怖い怖い怖い!!!

 

 

?