読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【その21】ひとり箱根駅伝、フィニッシュ!!~そうだ、箱根、行こう

ひとり箱根駅伝
 
  5区17.7km地点のエネオス(電気自動車のスタンドっぽいものになっていました)

f:id:shin_kuroiwa:20150511130150j:image

 
この頃には下り坂を素直に喜べないほど脚がじんじん痛くなっていました。
f:id:shin_kuroiwa:20150511130229j:image
 腿の筋肉にひびく…。
 
誰も歩いていないどころかクルマの一台も通らないので、 熊でも出てきたらどうしよう、とビクビクしなががら走ります。
f:id:shin_kuroiwa:20150511130303j:image
 
 18.7km地点の「曽我兄弟の墓」バス停。
f:id:shin_kuroiwa:20150511130331j:image
あと5km!!
通過時刻は14時半過ぎ。
 
大芝。終盤は4km近く下り坂が続きますが、着地の衝撃による疲労の蓄積で、足が思うように前に出ません。できるだけ軽く着地するように気をつけながら、ジョグペース、7分台で下ります。
f:id:shin_kuroiwa:20150511130422j:image
 
19.4km地点、双子茶屋。
f:id:shin_kuroiwa:20150511134330j:image
あと4km!
 
足は痛いけど早く終わりたいという葛藤と折り合いをつけつつ、ペースは何とか7分台中盤をうろうろ。
これはレースじゃない、故障したら何にもならない、慎重に、でもなるべく速く…。
f:id:shin_kuroiwa:20150511134356j:image
着地するごとに腿に「疲れ」が貯金されていくのが分かる…。
 
下りだけど、足も痛いし、ちょっと歩こうかな…と迷い出した頃、道路の突き当たりに、光が反射して、キラキラと輝く水面が見えてきました。
f:id:shin_kuroiwa:20150511141423j:image
あれは…芦ノ湖…!!
ようやくここまで来た…。
もーめちゃくちゃ遠かったー!!!!
 
畑宿入口交差点は右! 右!(ここまで来て間違えたくない!)
f:id:shin_kuroiwa:20150511134521j:image
 
芦ノ湖が見えたといっても、つづら折りの道が続き、なかなかゴールに近づかせてもらえません。
f:id:shin_kuroiwa:20150511134533j:image
エグいヘアピンカーブ。レースでこんなところ走ってるのか…。
 
箱根神社の看板。
f:id:shin_kuroiwa:20150511134604j:image
 あと、2km!!
 
元箱根に来たよー!!!f:id:shin_kuroiwa:20150511134808j:image
 (5区でランナーはほとんど見かけませんでしたが、サイクリストはたくさんいました)
 
元箱根の交差点を左に。
f:id:shin_kuroiwa:20150511134831j:image
 
大渋滞。GWですからね…。
f:id:shin_kuroiwa:20150511134856j:image
 邪魔にならないよう、なるべく隅っこを走ります。
 
緑の多い雰囲気の良い道にふっと心が軽くなったのも一瞬のことで、なかなか見えてこない芦ノ湖に、イライラしながら走っていました。
f:id:shin_kuroiwa:20150511134944j:image
 足も痛い、気力もない、とにかくもう走るのをやめたい。
 
アプリを立ち上げて地図を確認すると、ペースは上がっているはず(とはいえ7分台)なのに、一向にゴールに近づいている気がしません。
かといって、6分台でスパートをかけられるような足も気力も残っていませんでした。
私を突き動かすのは、持ち前の負けん気の強さだけ。5区はどうしようもない走り(半分歩き)しかできなかった。全然楽しくなかった。せめて最後は走って終わりたい。遅いけど。
 
箱根の関所は見てみたいけど、上記のように足も心も完全に売り切れですので、看板だけ。
f:id:shin_kuroiwa:20150511135004j:image
 
何だよこの道スレスレすぎる!! くっそー!
f:id:shin_kuroiwa:20150511135022j:image
側溝の蓋の穴に足をひっかけて車道側に転んだら死ぬな…と思いながら、なるべく地面を蹴らないように、慎重に走ります。
 
街に出た…!
f:id:shin_kuroiwa:20150511135040j:image
 あと一息…!!
 
足を引きずるようにしてこの角を曲がると、
f:id:shin_kuroiwa:20150511135059j:image
 
 あったー!!!

f:id:shin_kuroiwa:20150503160109j:plain

 

f:id:shin_kuroiwa:20150511172715j:image

(ポーズ解除し忘れてしばらく移動したりしたので、実際はこれより長い距離を走っているはずです)

 

8分16秒ペース…不甲斐ない…。

それでも 箱根駅伝往路107.5km(プラスアルファ)、東京・大手町~箱根・芦ノ湖、女ひとりで完踏したぞ、くそっ!!!(もはや負けん気しか残ってない)
 
「2回に分けて」って言ったからどうしても2回で終わらせたかったのでホッとしました。本当にホッとした、できて良かった。
 
足は痛いし、もうくたくたでした。
ゴールの充実感はあったし、道のりを振り返れば楽しかった。
いい経験になったし、やってよかったと思う。
 でも、もう二度とやらない。
二度と!!!!!
 
消耗が激しすぎて、身も心もぼろぼろです…。
 
あー、終わった、とにかく終わった!
 
ゴール地点の側でガチガチになった下半身をストレッチしていたら、ランニングスタイルの男性が歩きながら近づいてきて「写真を撮ってもらえますか?」とカメラを差し出してきました。
いいですよ、と受け取って、2枚ほど撮ってから「どこから走っていらしたんですか?」と聞いてみました。
 
男性は、走るのは無理だから、歩いてきたと。
 
男性「昨日の夕方に大手町を出て、箱根駅伝のコースを歩いてきたんです」
私「えっ、徹夜で!? すごい!! 大変でしたね!」
男性「走り屋ですか? 今日はどちらから」
私「(走り屋! 斬新な呼び方だな)今日は藤沢からで…」
男性「それはすごい!」
私「いやいや! いやいや!!」
ほぼ丸一日かけてスタートからゴールまで完踏してる方がよっぽどすごいでしょう!!
 
世の中には色んな人がいるな…(私が言うのもどうかと思いますが)。
 
さあ、全身汗臭いし、風呂に入ろうか…。
 
おうちに帰るまでが「ひとり箱根駅伝」ですので、あと1回つづきます。
その後、雑感をまとめておしまいです。
 
 

 

?