働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

ストライドを伸ばすしかないらしい~そういえば、運動神経マイナスでした

日曜の夜に走りに出ようとしたら、うっかりGPSウォッチのバッテリーを切らしていたので久々にスマホアプリのRunkeeperで走ってきました。

LSD! LSD! キロ7分で走るよー!

f:id:shin_kuroiwa:20150407091352j:plain 

 

手元に時計がないとどうしようもないこのペース感覚のなさ…。

LSDの合間に200mの坂道ダッシュと、最後に流しで100mほどスピード練習を入れて見ました。

翌日ふくらはぎが張っていたので、これまでいかにスピードトレーニングをサボっていたかが身に染みました…。

 

 

さて。

効率的にスピードが挙げられる身体になりたい! と調べていたら、ジョグノートのサイトで連載されている筑波大学の鍋倉賢治教授のコラムに、ピッチとストライドをテーマに執筆されたものがありました。

楽しく走ってステップアップ講座 「ピッチ走法のほうが優れている」という誤解

 いわく、ピッチは人それぞれ「経済的ピッチ」があるから無理して変えるものでもないし、「速度上昇に貢献しているのはピッチよりもストライド」だと。

一般には、1年以上ランニングを続けている人の場合、パフォーマンスを高めるためには、ストライドを伸ばすことを念頭に、トレーニングすることが重要

なるほど。やはりストライドか。

 

ストライドの狭さには定評のあるくろいわですが、現状を把握するために、生涯最高の走りができた静岡マラソンのデータを振り返ってみます。

f:id:shin_kuroiwa:20150407091524j:plain

ピッチ数195、ストライド95cm。私は身長が165cmあるので(運動神経がないのに無駄に体格に恵まれています)、ストライドが身長の0.57倍しかないですね。

 

狭い…足が短いとはいえ、我ながら狭い…。

 

いや、でもでも、レース中の平均値が0.57倍であって、スピードに乗っているときはもっと開いているはず。たぶん。

一縷の望みを託して、先日撃沈したスピード練習のデータを見ると(全力走したのが「5」のところ)、

f:id:shin_kuroiwa:20150406235604p:plain

ピッチ202のストライド97㎝。

ストライドは身長の0.58倍。

スピード上げてもピッチ数だけ上がってストライドは5㎝しか広がってないんですけど…。

 

いやいやいやいや、レースのスパート時なら、もっとマシだろう、そう信じたい!

青梅マラソンのラストスパートを振り返ってみました(静岡はGPSウォッチの設定ミスでラップがとれてないので…)。

「28」から本気出したところ。

f:id:shin_kuroiwa:20150407000031p:plain

最後は105㎝!!いいぞ! 0.63倍まで伸びた!!

スパートをかけたラスト3kmは「まず回転数が上がる→回転数がこれ以上がらないからストライドが開く→スピードが上がる」という感じですかね。わざわざ3㎞もかけて。

もっと頑張ろう、私の股関節!

 

じゃあストライドをどう伸ばせばいいの? という回答も同じ連載に答えがありました。ありがとう鍋倉教授!! 

ストライドを伸ばすトレーニング

練習法としては、バウンディング走、ハードルを用いたドリル、スクワット運動などが有効

…????(スクワットはかろうじて…)

 

ハードルドリルって何でしょうか。

股下ぐらいのハードルを想定し、助走をせずにまたぎ越すようなイメージで歩いてみます。(中略)10m程度の間に5台くらいのハードルを想定し、リード脚は左右変えて行ってみましょう。股関節や下腿の動的ストレッチングとしても有効ですので、ウォーミング・アップに取り入れるといいかもしれません。

ハードル…。

 

急に思い出話になるんですけど。

私、本当に運動神経がなくてなくてなくて、中学生の時に体育の時間に一番低いハードルに引っかかって転倒して顔面から落ちて、唇の下と口の中をざっくり切って保健室から病院に直行したことあるんですよね。グラウンドに滴る真っ赤な血の斑点…。病院では唇の下と、口の中も何針か縫ったし、病院まで親が迎えに来たよね。大騒ぎになったよね。鮮明に思い出した。

下唇が厚いから普段は影になってて分からないけど、縫った跡もはっきり残っています。

 

やりたくない! ハードルやりたくない!(よみがえるトラウマ)

 

あ、でも社会人になった今だから思うんだけど、授業中に病院送り級の事故を起こした(実際は生徒が勝手に転んだ)体育の先生は何か始末書的なものを書かされたかもしれないし(書かされなかったかもしれないけど)、大人になったくろいわは「あの時は悪いことしたな…」とハードルがイヤすぎて集中力を欠いていた事を少し反省できるようになりました。授業からハードル走なくせば万事解決すると思う(反省してない)

 

えーと。

ば、バウンディング走は…

①大股走:まずは、なるべく大股で跳ねるように走ってみる

②歩幅の広いスキップ走:この際、脚を開いた状態を長く保つ意識

③バウンディング走:脚が前後に開脚した状態を保って、なるべく少ない歩数で走る意識

とりあえず跳ねればいいのか。

でも夜中に太ったおばさんがスキップしてたら都市伝説になっちゃうのでは…。

 

……………。

どっちもやりたくない…やり方がよくわかんないし…と怖気づいていましたが、コラムの最後には、

これまでジョギングしかしていなかった人にとっては、流し(ウインドスプリント:前回参照)を取り入れるだけでもストライド改善に寄与

その場でのスクワット運動もハムストリングスの強化に有効

 スクワットはやってるけど、WSはもうちょっとストライドを意識してがんばるか…。

あと、ハードルもバウンティングも、転ばない&怪我しない&都市伝説にならない程度に…。

 

………ランニングクリニック行くか。

 

いろいろ封印していた記憶の扉が開いて何となくわかったんですけど、運動神経がないから正しい体の使い方が分からなくてフォームがどんどん小さくなって、スピードも出せないんでしょうね…(遠い目)

私はこれまで「運動経験ゼロの経産婦」を名乗ってきましたが、今後は「運動神経マイナス」で売っていこうと思います。ドッジボールは顔面で受けるよ!!(泣いてないもん!!)

 

この程度の運動神経でも練習すればサブ4できるので、マラソンは懐が深いと思いました。

 

ああ、うちの娘も遺伝的に無駄に体格に恵まれるだろうけど(夫176cm、私165cm)、遺伝的に運動神経なさそうだし(夫婦とも運動経験なし)、近い将来の体育の成績に絶望しかないぞ…(体操教室に入れたいのですが拒否され続けています)。

 

 

 

?