働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

やはり課題はスピード練習…ようやく、やる気スイッチ入り、ました?

今年2月の青梅マラソンで偶然お会いしたmadmadさん(サブ3.5に挑戦中)と職場が近いので、うまいこと言いくるめておびき出すことに成功、先日、昼休みにランチしてきました。あの日の私を上書きさせてください!!
(レースでうっかりくろいわを見つけるとひどい塩対応をされるという一例→【その3】第49回青梅マラソン~死にたさで不安が一掃 - 働くお母さんが走るブログ
その節は大変申し訳ありませんでした…)

ネット上で交流があるとはいえ、お会いしたのは青梅で追い抜かれた20秒ほどだけで、ほぼ初対面。

青梅の日記ではあれだけ「爽やかだ爽やかだ」って書いたけどあの時madmadさんオークリーのサングラスかけてたし大会マジック(ゲレンデマジック的な)あるだろうしあの印象から差し引いてイメージしとこ、と超失礼なことを考えていたのに、お会いしたらやっぱり爽やかだったので(戦闘力高え! スカウターが…!!)と勝手にダメージを受けて3秒で帰りたくなっていました。

私の戦闘力、たったの5だから。ゴミだから(何言ってるか分からない方はドラゴンボールを買い揃えるか「ラディッツ スカウター」で検索してみてください)。

やはり酒を煽ってから来るべきであった。勤務中だけど。

 

「人の目を見て挨拶ができる」というまっとうな大人のmadmadさんに対してくろいわは「あ、どうも…フヒヒ…(伏し目)」と相変わらずの絵に描いたようなネット弁慶でしたが(青梅を上書きできてない)、前日、佐倉朝日健康マラソン(フル)を終えたばかりのmadmadさんが、下りの階段で足のダメージを訴えると、私のテンションが爆上がりしましたよね。

「下りが痛むんですね! 腸脛ですか!?ちょーけい!?(キラキラ)」
「モモの前面が痛くて…」
「前面!? 下りでブレーキかけちゃったとか?」
「いやあ、攣っちゃって…」
「けいれん!!!(裏声)  昨日暑かったですものねえ。痛かったでしょー! そんなに大きい筋肉が痙攣するなんて!!(興奮)」
「ああ…こういう話がお好きなんですっけ…(ちょっと引いてる)」
す、すみません…(繰り返しますがほぼ初対面です)。

(失敗から学ばない→初フルマラソンの洗礼♡ - 働くお母さんが走るブログ

私にとってmadmadさんは「あの坂の多い青梅をキロ5分弱で押し切った足の速い先輩」(私の記録より約20分速い)、「後ろからさーっと現れて、さーっと消えていった」という印象しかないので、その先輩が苦労するってどんだけだよ、と「サブ3.5」に対して恐怖しかありません。口が裂けても「目指す」とか言えない。

く「madmadさん、青梅でめちゃくちゃ早かったですよね。平均キロ5分切ってましたよね」

m「30㎞までだと思えば行けるんですけどね」

く「やっぱりそんなに違うんですか。フルマラソン怖い!」

m「いやあ…実力不足ですよ…」

うふふ! 地雷踏んだ!(しにたい!)

私は「失速」を経験したことがなくて、なぜかというと、心肺が付いてこないので、失速するほどのスピードが出せないからです。キロ5分でラスト5㎞スパートかけるのが精一杯で、4分台になるととたんに息が上がる。だから、上げ切れずに最後に足が残る。
サブ4達成した静岡の時も数日筋肉痛が残ったけど生活に支障はなかったし、正直に言うと、ダメージが少なくて物足りなかったのです。

m「『出し切ってない』感じですか」
く「そうなんです、キロ5で押していくレベルになるにはどうしたらいいんですか…」
m「それは…スピード練習でしょうね」

うっ…。分かっているけど目をそらし続けてきたスピード練習。息が上がるのがつらいから「やらなきゃ」と言いつつ避け続けてきたトレーニング。ジョグのペースも頭打ちだし、どちらかというと下降気味な気もするし。

く「ビルドアップは辛いからしたくないです…」(この後に及んで往生際が悪い)
m「インターバルは?」
く「400メートルくらい…?」
m「1㎞くらい…」
く「いちきろ…!(裏声)」

ふと気になって聞いてみました。
「madmadさんは、サブ3.5達成したらどうするんですか? こう、一秒を削り出すように、PB目指して走るんですか?」

「うーん、そうなるでしょうね」

PB更新狙いに迷いがない。サブ4で燃え尽きた私とのこのギャップ。すごい…練習でゼイゼイするのが嫌だからってウルトラに振り切れた私とえらい違いだ…。

 

フルのPB更新か。私もやってみたい。

く「私、静岡で3時間46分だったから、来季はフルで45分切りを目指したいです」

m「できるでしょう!」

く「どうしたら切れますか…」

先輩から頂いたアドバイスとしては、

・ストライドを広げてはどうか。

・心拍トレーニングは有効。

・キロ5分ペースで走りたいなら、キロ5分で余裕を持てるようにする必要がある。

なるほど。特に最後。


私はキロ5が限界値で、レースではキロ5分半ペースで走れるから、当面はインターバルの全力ダッシュでキロ4分半を出せるようになるのが目標ですかね…。
キロ4分半で走れれば、ウルトラのジョグペース(6分半~7分)でも「ペースに対する余裕」が出るから結果的に走るのが楽になる、はず。たぶん。きっと。

スピード練習か…
きついのいやだな…
でもキロ5で、フルとはいかなくても、せめて10kmまで走れたら楽しいだろうな…。

 

m「(スピードが出るようになって後半失速するの)すっごく苦しいですよ…」

く「すっごく苦しい!?」

 

ときめく! 地獄が見えるの!? 体験したい!!

 

よし。

スピード練習、本気でやってみるか…!

 

レースの情報交換等もできて(大田原マラソン勧めてもらいました)、濃いマラソントークが楽しかったし大変刺激になりました。ありがとうございました先輩!(こんな扱われ方するのが分かってるのにブログに書いても良いって言ってくださって神だと思いました)

 

ランチを終え、madmad先輩と別れて春の強い風に吹かれながら、

(サブ4直後くらいにお会いできてたら、タイム更新に気持ちが向いて、早まって100㎞なんかエントリーしなかったかもしれない…)

(ウルトラ走るにしても、まずは60㎞とか段階を踏んで…)

(あなたが来るのが、遅すぎたのよ…)

(アムロ…時が見える…!)

と、ララァのようなフラフラとした足取りで(いっそフラナガン機関で強化人間として養成されたい…)とぼんやり妄想しつつ、職場に戻ったのでした。

 

キロ4分半か…出るかな…。

 

次回、『スピード練習に散る』。

くろいわは生き延びることができるか…!

※タイトルどおり、散ります。

 

 

?