読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

かけっこ大会で号泣する娘は私ではない

家族と走る
運動が得意じゃないから体育の授業は当然のように嫌いで、運動会はいつも「雨が降ればいいのに」と思っていた子供でした。体育祭のダンスの練習でクラス全員居残りさせられるとか本当に意味が分からなかった。
 
このように運動神経のなさと協調性のなさにかけては定評のあるくろいわですが、娘はそこに輪をかけてマイペース(まだ5歳だし)。自分はひねくれて育ったとはいえこれでも一応人の親ですから、体育祭を素直に楽しめる人生の方がきっと苦労は少ないだろうと、できれば娘には運動をさせたい…何か一つでも得意なものがあれば…と、心を砕いている、つもりです。
 
私「娘ちゃん、体操教室通ってみない!? マットとか跳び箱とか楽しいよ! トランポリンもあるんだって! お友達の○○ちゃんも通ってるよ!」
娘「行きたくない!」
私「逆上がりもできるようになるんだって! 一回観に行ってみるのは…」
娘「行かない!」
 
 
私「娘ちゃん、スイミングに通ってみようよ! 泳げるようになったら楽しいよ!」
娘「行きたい!」
〜2回目〜
娘「プール怖い…行きたくない…」
私「顔に水かけられるようになったんだって? 勇気あるね! すごいよ!」
娘「プール、行きたくない…」
私「最初は怖いよね、でも娘ちゃんならあっという間に潜れるようになるよ、頑張り屋さんだもん!」
〜3ヶ月目〜
娘「プール行きたくない…」
私「そっかー…せっかく始めたから、年中さんの間は頑張ろうよ! だって最初は顔に水かけるのも怖かったのに、もう潜れるようになったんでしょ! すごい!(一年通ってればさすがにそのうち慣れるだろ)」
〜7ヶ月目〜
娘「プールもうやだ…やめたい…(しくしく)」
私「……………(慣れないぞ…)」
〜今月、晴れて退会いたしました〜
月謝に入会金と水着帽子スクールバッグ足して○万円もかけて…ようやく潜れるようになって…子供は毎週嫌がっていて…
 
 
この「小学校に上がったら苦労しないようにいろんな経験をさせてあげたい」という親の気持ちの空回りっぷり…!!
 
 
(娘は私ではない…娘に自分の子供の頃を重ねていちいち傷ついていたらこの先身がもたない…)と自分に言い聞かせつつも、やはり(何か一つでも好きな運動があれば)という思いは諦めきれず…。
 
親子ランなら喜んで一緒に走ってくれるし、公園でもかけっこをするのが好きなので、申し込んでみました。
 
全国統一かけっこチャレンジ
 
これ、ホームページの情報が少なすぎるよね…運営主体もよく分からないし、asicsが協賛してるから怪しい団体ではないのでしょうけど…。
「楽しいイベントも満載」って書いてるからエンタメ要素もあるのよね? 気軽な気持ちで行ってみました。
 
私「娘ちゃん、かけっこ大会に出ようよ! 走ったら写真の入った賞状(記録証)がもらえるんだって!」
娘「いくいくー!」
 
f:id:shin_kuroiwa:20150330173129j:plain
日産スタジアムでノリノリの娘。お気に入りのアナ雪かばんとともに。
「この靴ねー、瞬足よりめっちゃ速く走れるんだよ! もう、ピューって走っちゃうよ!」
うむ、いいぞ、頑張れ。
受付を済ませ、
f:id:shin_kuroiwa:20150330173148j:plain
スポーツショップ主催の足サイズ計測にも積極的に参加。
f:id:shin_kuroiwa:20150330232829j:plain
試飲した「ジュニアプロテイン」、マスカット味のジュースのようで、クセがなく美味しかったです。 
 
我々が到着した時間は、100mの部の計測が行われていました。
f:id:shin_kuroiwa:20150330233033j:plain
えっ、エンタメ要素のないこのガチっぷり、なに!?
よく見るとフィールドに立ってる審判的な人の帽子には「JAAF」って刺繍されてるんですけど…日本陸連…?
陸連がらみのガチイベントなの!? 楽しいかけっこ大会じゃないの!? 告知の仕方、おかしいだろ!!! 
 
トラックを見て「え、あんなに走るの…」とビビる娘。
あの半分だよ、あっという間!と説明するも、スタートの号砲に驚き、完全に怖気付いて「かけっこ、したくない…」。
 
えー! 
10秒くらい走るだけだから! 頑張ろうよ! 娘ちゃんかけっこ大好きじゃん!
(エントリー費600円払ったし! わざわざ日産スタジアムまで来たし!)
 
トラックで無料のかけっこ教室が開催されるとのことで、放り込んでみました。足速くなる方法教えてくれるんだって! ファイト!
 
f:id:shin_kuroiwa:20150330173207j:plain
後方で棒立ちの娘。
さあ、まずはウォーミングアップのジョギングだって!
 
f:id:shin_kuroiwa:20150330173243j:plain
ジョギングに出る子供達と、
 
f:id:shin_kuroiwa:20150330173300j:plain
自主的に居残りする娘。
ちょっ…!
 
(親の空回り…)
 
f:id:shin_kuroiwa:20150330173324j:plain
かけっこ教室を遠巻きに眺めながら座っていたら、「やりたくなぁい〜」と娘のグズグズっぷりがどんどん進んできます…。
 
(泣くほど嫌なら棄権させるか…)
(今朝まであんなにやる気だったのに…)
(でも50mならたった十数秒だし…)
(走り終わったら達成感を覚えてくれるのではないか…)
(ここは…心を鬼にして頑張ってもらおう…!)
 
私「娘ちゃん、頑張って走ったら欲しがってたあの雑誌買ってあげる! ドーナツのおもちゃがついてるやつ!」(モノで釣ろうとするクズ親)
娘「いらないー! 走るの嫌だあ〜」
おい、ついに本格的に泣き出したぞ!
なんて強情なんだ…(似なくていいところばかり似て…)
 
待機列に連れて行ったら周りはジャージのガチ勢で、聞こえてくる話を総合すると体操教室のお友達とかが多くて、娘みたいに普段着の冷やかしみたいな子はほぼいません。
「お気軽に」って書いてたのに雰囲気が全然お気軽じゃないし!!
 
泣いているところを係員さんに引き渡し(ご迷惑おかけします、すみません、すみません)、スタートに向かった娘。娘は「ママと一緒に走りたいー!!」と泣いていましたが、ガチのレースなので、スタート地点にすら親が同行できません…。
 
スタート地点に立ったら諦めたように泣き止んで気をつけをしていました。
f:id:shin_kuroiwa:20150330235243j:plain
 
「用意!」とアナウンスされると、スタートの構えを取ります。おお、やる気出てきた!?
 
f:id:shin_kuroiwa:20150330173353j:plain
で、
f:id:shin_kuroiwa:20150330235412j:plain
やっぱり泣いちゃった…!!
 
号泣しながらゴール。
頑張ったね、頑張ったね…。
 
(私は600円払って新横浜まで子供を泣かせに来たのか…やはり私が間違っていたのでは)と、悶々とする母に対し、娘は走り終わったらケロっとしたもので、
「娘ちゃん頑張ったからおかしちょーだーい!」
「……チョコボールでいい?」
「うん!」
娘はチョコボールをガリガリかじりながら「かけっこ大会、ちょっとも楽しくなかった〜」
ぐさっ。ちょっとも、か。
 
私も体育の授業で達成感があった記憶なんてないもんな…強制されて楽しいわけないよね…ごめんね…(猛省)(とはいえ、あそこで「泣いてるから」という理由で引き返してはいけない気もする…)
 
ああ…親の空回り…空回り…。
 
f:id:shin_kuroiwa:20150331082624j:plain
記録証片手に笑顔。かけっこは楽しくなかったが記録証は嬉しかったらしい。
 
娘よ、あなたは友達や親思いの優しい子で、お絵描きや工作や鉛筆遊びなど手を使う作業が大好きでとても几帳面だし、最近ではピンポン球みたいにまん丸の泥だんごが作れるようになったし、歌が大好きで大きな声で歌えるし、よく食べてよく寝て健康だし、良いところがたくさんあるとても素敵な女の子だけど、学校に上がったら運動ができないという理由で傷ついたり嫌な思いをすることもあるかもしれないし、「体育教師」という単語を聞くだけで嫌な気持ちになるような人生を送るかもしれない(体育教師があなたの大好きな「はにゅーせんしゅ」みたいな顔だったら話は別かもしれないけど)
 
でも、これはあなたの人生だから、頑張って乗り越えていってください。出来るようになりたい、と思った時は、親が全力でサポートするからね…(お教室に通わせてカネで解決するという意味です)
 
ちゃんと子供と自分を切り離して見ないと、これから小学校に上がったら、私のメンタルがもたないぞ…!!
 
とはいえ、やっぱり…。
「次は、ママと一緒のマラソンだったら走ってくれる?」
「うん、ママと一緒ならいいよ〜」
にっこり笑いながら手をつないでくれました。
そうだね、一緒に頑張ろうね。
 
やはりまだ、子供の運動神経が諦めきれない親心なのでした…。
 
*****************************************
 
スタジアムを出ると暴風が吹き付けて来ました。
娘「風、すごっ!」
私「春だからねえ。飛ばされないように気をつけてね〜」
娘「石だったら風でも飛ばないから、人間が石だったらいいとか思わない?」
ええ、思いません。
 
 
お弁当を持って来たので終了後は新横浜でお花見。
f:id:shin_kuroiwa:20150331082856j:plain
f:id:shin_kuroiwa:20150331082931j:plain
娘は「娘ちゃんの好きなものしか入ってない」と喜んでくれたのでかけっこ大会が帳消しになってますように…(たぶんなってない)
 
 

?