働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

静岡マラソン2015、完走者記録が届きました

昨日、自宅の郵便受けに届いていました。
f:id:shin_kuroiwa:20150321153119j:plain
静岡マラソン2015完走者全記録。
日刊スポーツさん、ありがとう!
 
一面分に収まる女子選手の少なさ!(陸連登録除く)
f:id:shin_kuroiwa:20150321153305j:plain
くろいわは30歳代女子の28/235でした。嬉しい…。
 
静岡マラソン2015、フルマラソン出走は1万169人、完走者9035人、完走率を計算すると約89%です。
雨の中みんな頑張ったよね! 寒かったね! でも楽しかったね!! またあの日に戻りたいね!(サブ4ロス継続中)
 

せっかくなので、旧「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」らしく、各部門のサブ4比率を調べてみました。

 

 

サブ4

陸連登録

男子 750/883(85%)
女子 51/82(62%)

 

 

一般男子

29歳以下 296/835(35%)
30歳代 787/1843(43%)
40歳代 1135/2542(45%)
50歳代 549/1491(37%)
60歳代 113/450(25%)
70歳代 11/57(19%)

 

 

一般女子

29歳以下 20/143(14%)
30歳代 44/235(19%)
40歳代 58/286(20%)
50歳代 19/155(12%)
60歳代 2/30(7%)
70歳代 0/2

 

 

あれ、サブ4って全市民ランナーの2割じゃなかったの!? 

40代一般男性なんてほぼ半分がサブ4ですけど…。

というのも、静岡マラソンの制限時間が5時間半と、まったくの初心者にはすこし厳しい設定だから(だと思う)。

おそらく、制限時間6〜7時間の大都市型マラソンが増えたことで、ランナーの裾野が広がって相対的に「サブ4」のレベルが高く見える、ということなのでしょうね。

静岡マラソンなら、女子でもボリュームゾーンの30代と40代は2割がサブ4を達成しています。


せっかくなので、サブ4の「次」、サブ3.5の比率も見てみましょう。

 

 

サブ3.5

陸連登録

男子 548/883(62%)
女子 27/82(33%)

 

 

一般男子

29歳以下 132/835(16%)
30歳代 337/1843(18%)
40歳代 430/2542(17%)
50歳代 127/1491(9%)
60歳代 17/450(3%)
70歳代 2/57(4%)

 

 

一般女子

29歳以下 6/143(4%)
30歳代 5/235(2%)
40歳代 8/286(3%)
50歳代 3/155(2%)
60歳代、 70歳代 0

 

 

ちょっと…女子のサブ3.5の難易度…。


男子のサブ3.5比率と女子のサブ4比率がほぼ同等ですから、性差を考慮した走力レベルの違いがちょうどこれくらい、と考えていいのではないでしょうか。

つまり女子ランナーがサブ3.5を目指すのは男子ランナーがサブ3を狙うレベルの難易度だ、と、男性の方は心のどこかで覚えていてくだされば幸いです。ね? ハードル高いでしょ?

かといって…わざわざウルトラ目指すことはなかったよね…(まだ言っている)

 

忘れた頃に自分の名前が入った新聞が送られてくるこのサービス、かなり嬉しいので他の大会にも広まればいいなと思います! 

あー、フルマラソン走りたいー!!

 

 

?