働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【シリーズ1】100km完走への道~ウルトラの母に私はなる!

静岡マラソン完走後、私の心にぽっかりと開いた穴を、どう説明すれば良いでしょうか。

サブ4を達成して燃えつきたというわけではありません。

私は、物足りなかったのです。

 

皆さんは初マラソン完走後のことを覚えていらっしゃいますか。

私は克明に覚えています。

2013年つくばマラソン、グロスでギリギリサブ5でした。

初めて臨んだ42.195km、経験したことのない長い距離を走ったゴール直後の私の脚は、まるで別の生き物のよう。腿やふくらはぎは血液が逆流しているようにジンジンと熱く、股関節には擦り切れたような鈍い痛みがありました。まともに歩くのも難しく、生まれたての小鹿のようなプルプルした頼りない足取りで荷物を取りに行ったのを覚えています。

「フルマラソンって人体の限界を超えてるだろ! バカじゃないの!?」

当時の私はそう思いました。どうしても座りたいからつくば駅まで這うように歩いて向かい、狭いTXのボックス席にぐったりと丸まって死んだように眠りながら帰宅しました(で、諸般の事情で帰宅後一度も座らずに夕飯を作ることになりました)。

 

2014年の東京マラソンでは実力以上の激走をしたところ(もちろん夕飯も作った)、本番数日後に反動はやってきました。度を越した筋肉痛で腿の前面に焼けるような激痛が走り、涙を浮かべながらドラッグストアに駆け込んで、フェルビナク含有率が最も高いシップを買ったりしたものです。

 

体って、学習するんですね。「こいつたまに42kmくらい走るぞ、やべえ!」って分かると、42kmくらい走れる体になるんですね、なぜか。そこにきちんとしたトレーニングが上積みされると、フルを4時間弱で走っても、脚にちょっとした筋肉痛しか残らない。故障の気配すらない。

 

私は、物足りなかったのです。

別に故障をしたいわけではないのです。静岡マラソンは結果的にネガティブスプリットで走りきれたものの、スピード練習の不足で脚は残したまま。筋肉痛もすっかり治まってしまいました。

 

私は「地獄」を見ていないのです。「極限とも言える苦しみ」も味わってない。

経験を重ねれば重ねるほど自分の「限界」がどこにあるのか興味が湧くものの、経験を重ねただけ「地獄」が遠くなるというジレンマがあったのです。レベルを上げてサブ3.5を狙えば地獄か見えるか、と考えても、強い脚ができればできるほど、やはり「地獄」は遠ざかってしまうのではないかと思うのです。

 

私はもういちど、つくばで味わったような「限界を超えた」と思える経験をしてボロボロになってみたい。自分の脚で「地獄」を見たいのです。

じゃあ距離を伸ばそうと。ウルトラだ、と。100kmも走れば地獄が見えるはずだ。

(大丈夫ですか、ここまでのところ、分かりますか)

 

で、柴又100kmにエントリーして夫にドン引きされ、現在に至ります。

あとやっぱりサブ3.5はムリよ。ムリ。

 

前回の日記で「ウルトラ走るよ!」と宣言したら、Twitterでこんな応援を頂きました。

 

なるほど、「ウルトラマラソンを完走したお母さん」、略してウルトラの母! 

6月6日「柴又100k」でウルトラの母に私はなる!!

 

目下の悩みは、エントリー費用ですっからかんになったので、ウルトラ用のシューズを買うお金がなくなったことです…。

でも大丈夫! 私の手元には現金がなくてもモノが買える不思議なカードがあるんだよ~٩(๑❛ᴗ❛๑)۶ ヤッタ~! 

アートスポーツいってきまーす!!ピューッ!≡≡≡ヘ(*゚∇゚)ノ

 

【シリーズ1】カード破産への道~初めはシューズだけのつもりでした

※続きません

※シューズは来月以降買います…!

 

まずはウルトラマラソンの先生を見つけねば。

お勧めのウルトラマラソン本があったら教えてください! 

****************************************

f:id:shin_kuroiwa:20150310171941j:plain
f:id:shin_kuroiwa:20150310171954j:plain
昨日のデブエットは夫のお土産、四ツ谷わかばのたい焼き。あんこがサイコー!
私のあまりの喜びように娘が「まま、どんだけたい焼き好きなの」と爆笑し、頭の部分をちぎって少しくれました。
5歳児にめぐんでもらった…!

 

 

?