働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【その5】静岡マラソン2015~私は地獄を見たい! 編

前回(【その4】静岡マラソン2015〜劇薬は副作用も大きい 編 - 働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ)のつづきです。

 

29kmのエイドでアミノ酸を飲み、気合を入れなおしました。

そう、レース本番はこれから。

フルマラソンはこれまで3回完走しましたが、サブ4のペースで30km以上も走るのは未知の領域なのです。金哲彦さんのメニューで作った脚がどこまで持つのか、いわゆる「35kmの壁」にはぶち当たるのか、失速した場合はどこまで粘れるか…。不安は残っていますが、ここまで来たら、もう行くだけ!!

 

終盤のコース。

f:id:shin_kuroiwa:20150306172143j:plain

すっかり「激走100マイル」脳になった私の脳裏にはすでに「イーブン」という言葉はありませんでした。どこから、どれだけ、上げるかだけを考えていました。

脚が持つ限り行きたい。

 

29kmで折り返し、

f:id:shin_kuroiwa:20150306170854j:plain

2kmほど直線を進みます。

30kmの通過時刻は11時7分。グロスの5分30秒ペースである11時5分には2分も及びません。

しかも、20kmからの10kmで、1分しか縮められなかった。

怖がらないでもっと突っ込めば良かった。悔しい、あと12kmでぜったい取り返す!!

f:id:shin_kuroiwa:20150306164535j:plain 

つづら折りになっているコースをもう一度折り返して、32kmのエイドでカフェイン入りのジェルを流し込みます。このために1週間カフェインを抜きました。

f:id:shin_kuroiwa:20150306164607j:plain

35kmのエイドではスポンジを手に取り、すでにずぶぬれになっている背中へしぼって、疲れてきた体に喝を入れます。

 

不安に思っていた「35kmの壁」は最後まで現れませんでした。じりじりとペースを上げていきます。まだ行ける、まだ走れる。

海沿いから住宅街へ。下り坂では遠慮なくペースを上げましょう。

f:id:shin_kuroiwa:20150306164902j:plain
 
また道が狭くなってきた…
f:id:shin_kuroiwa:20150306164932j:plain

 f:id:shin_kuroiwa:20150306164736j:plain

37kmの看板が見えた時「あと5kmは全力走」と決めました。もう水もいらない、一度も立ち止まらずにただ走る!

看板の横を通過するときに、GPSウォッチのラップボタンを押します。

ここからの5kmが、この3ヵ月、半泣きになりながらしごかれてきた、金哲彦トレーニングの集大成。

身体は疲れているけどまだまだ動く、ここからが勝負、フラフラになるくらいやり切りたい、この5kmをレース中一番速く走りたい。

 

 だって私、この3ヵ月、本当にがんばったもん!!

ただ「フルマラソンを4時間以内で走る」という、生きていくうえで、何にもならない目標のためだけに!!(身も蓋もない)

 

これまでの練習が走馬灯のように思い出されます…。子供を寝かしつけてからの極寒の夜ラン、走りこみ期の地獄の週6トレーニング、暴風の川沿い20km走、青梅マラソンでの2時間42分…。

そう、あの青梅は出来過ぎだった…でも、私のピークは青梅マラソンじゃなくて! 今日の静岡マラソンだ!! 見ていて金コーチ!!!

 

さすがに37kmも走って疲れてはいるのですが、私はまだ「極限とも言える苦しみ」(鏑木毅)を味わっていないのです。もっと上げる、もっと行ける、と脚を運びます。

そう、脚は動くのです。でも、ペースが4分台の中盤になると、呼吸が苦しくなって維持できません。

 

ああこれ思い当たるフシがある、私「ゼェゼェ」する練習が好きじゃないし脚に違和感があるからって終盤はジョグ後のウィンドスプリント(WS)を減らしたり抜いたりしてた、バチが当たった、すべての練習には意味があった、金コーチごめんなさい、ごめんなさい!! 来シーズンはちゃんとやります!!!

 

ゼェゼェしたまま無理に走ると反動でペースが5分台に落ちてしまいます。息を吐くことを意識しながら、4分台で走り切れ…ますように、と祈りながら(疲れを抱きしめる…)(疲れを抱きしめる…)と繰り返し口の中で唱えます。

ああ、まだ脚は動くのに。

 

市街地に入ると応援もぐっと増え、雨の中、傘をさして声援を送ってくれる人たちとハイタッチして元気をもらいます。

もう終わる、このまま4時間切れる…。

 f:id:shin_kuroiwa:20150306165103j:plain

最後の1km近く続く直線、遠くにフィニッシュゲートが見えてきました。あの場所に1秒でも速くゴールしたい、そのために走ってきたんだから、この3ヶ月。

f:id:shin_kuroiwa:20150306165148j:plain

3時間40分台終盤に差し掛かるタイマーの数字が見えた瞬間「3時間50分は切りたい」という意地で、最後の力を振り絞りました。

ああWSの練習ちゃんとしておけばもっと速く走れたのに!

  

終わった…!!

f:id:shin_kuroiwa:20150306170424j:plain

 フラフラしながら時計を止めて「完走おめでとうございます!」とスタッフの方にメダルをかけてもらった瞬間、「4時間切れた」という安堵と達成感、「最後まで思い切り走れた」という充実感、そして「もうちょっと真面目にスピード練習しておけば良かった」というほんのちょっとの後悔で、目の奥がじわじわ熱くなってきました。

 

金コーチありがとう。金コーチごめんなさい。

それにしても3ヵ月間、長かった…。 

 f:id:shin_kuroiwa:20150306170320j:plain

赤くなった目で記念撮影。バスタオル貰えてよかったです。

全身ずぶぬれのフィニッシュでした。

 (下に着てるTシャツは青梅マラソンの参加賞Tシャツ。ゲンを担ぐタイプです)

 

こうして私のサブ4への挑戦は、雨の降り続く静岡で、幕を閉じたのでした。

**************************************

GPSウォッチのデータをアップロードしたらサブ4をお祝いしてくれた!

f:id:shin_kuroiwa:20150306173153j:plain
ありがとう、SF710!  サイコーの相棒だったよ! 設定ミスしてごめんね!
 

あとはレース後と静岡マラソン総括を書きます。長々とすみません…

 

 

?