働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【その4】静岡マラソン2015〜劇薬は副作用も大きい 編

 
GPSウォッチのオートポーズが生きていたことに絶望し、トイレを出て「グロスでサブ4」と決意したわけですが、今なら「いやいや落ち着いてあなた」って思う。
トイレや給水のロスを考えての5分30秒ペースだからね。4時間まで7分くらいの猶予があるからね。トイレ、3分もかからなかったでしょ? あなた思い詰めすぎよ、 激走100マイルの読みすぎ!!
 
そう、あの時の私は明らかに激走100マイルの読みすぎでした。冒頭で鏑木毅さんが「俺は死ぬんだ!」と奥様に叫ぶシーンを繰り返し読みすぎていた。「私の生き様を見せてやる!」って気持ちになっていた。落ち着いてあの時の私、ここはシャモニーじゃなくて静岡だし、100マイルレースじゃなくてフルマラソンだから。
 
しかし当時の私にそんな風に思う心の余裕は一切なく…。
 
グロスと言っても私は暗算ができないので、万一のことも考えて持って来ていたのです。
金哲彦さんのムックの付録、書き込み式ダイアリーの裏表紙のラップ表を切り取り、グロスでの通過タイムをボールペンで記入し、折りたたんでポーチに入れていたのです。「ネットでサブ4」とは言いつつ、狙えたら狙いたかったから、グロスのサブ4。
 
f:id:shin_kuroiwa:20150305123908j:plain
この赤いところに付いてた。
(なぜ現物がないのかというと、この後、落とすからです)。
 
序盤の無理な追い抜きでいつもより脚が重い感じがあったので、トイレの脇にある給水所の水を腿にかけて気合を入れなおします。靴も濡れたけどどうせ雨。アミノ酸を飲み(立ち止まったら、時計がまた「ブーーーー」って…)、慌てていたので口からこぼれた水を手の甲でぬぐいます。
 
今は15kmを少し過ぎたところで時刻はだいたい9時50分。
次のチェックポイントになる20kmは、グロスタイムだと10時10分に通過。あと20分。全力疾走したって無理だけど、せめてトイレでロスした分は取り戻したいので急ぎます。
30kmまでにグロスで追いつけば通過時刻11時05分になるから、あと12.195kmは6分ペースまで失速してもギリギリサブ4...。
30km11時05分、30km11時05分…。
 
暗算できないのでこの時は気付かなかったんですけど、残り15km弱を1時間15分って、ほぼ5分ペースですから、かなり無謀な計画でしたね。
でも計算できないし、気持ち的には「行ける! 俺はここで死ぬんだ!」(鏑木毅)ってなってました(フルマラソンくらいで死にません)。

 
15km前後のコースも狭い道幅が続きますが、
 f:id:shin_kuroiwa:20150305123956j:plain
 
20km手前、見通しの良い大きな通りに出る頃から、風がやや強く感じられるようになりました。
 f:id:shin_kuroiwa:20150305124021j:plain
20kmの通過タイムは10時13分、グロスで見ると3分押し…。
5分台前半で突っ込んだ割に、脚はまだまだ余裕。あと10kmで3分縮められるか…?
 
ちょうど中間地点に設置された給水・給食所に着く頃には、雨脚も強くなっていました。
それでも、エイドのスタッフの皆さんの励ましに勇気付けられて進みます。
 f:id:shin_kuroiwa:20150305124047j:plain
f:id:shin_kuroiwa:20150305124112j:plain
雨の中本当にありがとうございました! ランナーは走ってるからいいけど、立ってるだけだと寒いよね…。
 
黒糖饅頭を頂きます。ご馳走様でした!
f:id:shin_kuroiwa:20150305124134j:plain
 
しずおかおでんにも心が揺らいだけど、裏側を覗いたら行列が出来ていたから諦めました…。
f:id:shin_kuroiwa:20150305124252j:plain
いつかファンランで戻ってくるからね〜。
 
エイドを越えると海!
f:id:shin_kuroiwa:20150305124342j:plain
晴れてたら、最高なんでしょうね。
晴れてたら。
 
ここから約10kmはどれだけ言葉を尽くして説明するより写真見てもらったほうが早いと思うので、貼りますね。
f:id:shin_kuroiwa:20150305124435j:plain
 
f:id:shin_kuroiwa:20150305124559j:plain
f:id:shin_kuroiwa:20150305124532j:plain
唯一の救い、25km手前のいちごエイド。
 
約30kmまで、雨に打たれながら海風の吹きつける道路をひたすらまーーーーーーっすぐ走るんですね。
f:id:shin_kuroiwa:20150305124916j:plain
 晴れてたら、最高なんでしょうね。晴れてたら。
 
いまは、雨だけど(風のおまけ付きで)。
f:id:shin_kuroiwa:20150305170634j:plain
 
この単調な10km弱がとてつもなく長く、走っても走っても折り返し地点が見えて来ません。景色もほとんど変わらない。時空の歪みに入ったのかと思うほど。
さらに降り続ける雨と吹き続ける風。
なにここ。心が折れそう。
 
そういえば25kmの通過時刻はグロスタイムだと何時だっけ…とポーチを探ると、あれ、ラップ表がない!!
落とした!!
えー!!
これで5kmごとのグロスタイムも分からなくなった!(暗算できないから)
 
もういい、とにかく30kmまで2時間45分、11時05分の通過を目指そう。急げ急げ! 私はここで死ぬんだ!(死にません)
 
f:id:shin_kuroiwa:20150305171614j:plain
ようやく折り返し地点が見えた瞬間はホッとしました…時空は歪んでなかった…!
 
29kmのエイドで2本目のアミノ酸を飲みます。
脚も呼吸もまだまだ余裕。
 
さあ、レース本番はこれからです。
 
 
つづく…。
 

 

?