働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【その3】静岡マラソン2015〜GPSウォッチに異変!編

前回(【その2】静岡マラソン2015~私には2人のコーチがついている!編 - 働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ)のつづき。

 

私が狙っているのは、あくまでネットタイムのサブ4。スタートラインを切ってからGPSウォッチを頼りに5分30秒ペースで走り続け、3時間52分04秒でゴールするのです。レースの高揚感に乗らず、35kmまではがまん、がまん。

 

先日の青梅マラソンでは5kmまでに平均ペースを5分30秒台に乗せたから、静岡でもそれをなぞりたいな、と思っていたのです。私はせっかちなので、序盤にペースを乗せて、残りを淡々と走っていくほうが心理的なプレッシャーが少ないからです。

 

なのに…この混雑…!

f:id:shin_kuroiwa:20150304165927j:plain 

私の申請タイムから考えるとDブロックってサブ4クラスのはずなのに、最初の1kmは6分オーバー。

しかも狭い道にカッパやビニールを脱ぎ捨てているマナーの悪いランナーがいて足に絡まって危ないんだけどー!! もー!! 飛び蹴りしたい!(せっかちというより短気)

 

4車線の道路を折り返しコースにしているのでとにかく狭い…

 f:id:shin_kuroiwa:20150304170021j:plain

Aブロックのランナーはさすがに快適そう、そして速い!

 

1.8kmの第一折り返しまで渋滞は続きますが、

 f:id:shin_kuroiwa:20150304170107j:plain

 ここをぐるっと回ると、若干走りやすく…なったような…?

f:id:shin_kuroiwa:20150304170315j:plain

この時点でスタートから5分50秒ペース。焦りが出てきました。ペースを上げようとしてもなかなか上がらない。追い抜きをかけるために、どうしてもジグザグ走りになってしまいます。

 

フルマラソンを走られるランナーの方には常識だと思うんですが、雑誌でも本でもネットでもしつこく書いてあるのが「序盤の混雑で無理に追い抜こうとすると無駄な体力を消耗するのでがまんしましょう」。

私も今まではそう思ってたんだけど、でもいつまでこの混雑が続くか分からないし、気持ちが焦ってしまいましたよね…。

 

私は普段からストライド90cm前後と狭く、一方でピッチ数が190以上と多めです(過去記事)。でも、ジグザグ走るためには、スキマを見つけて後方のランナーを気にしつつ地面を蹴って大きくステップを踏み、そのまま勢いよく前に出る…と、いつのまにか大股になっているのです。普段の速いピッチを刻めず、一生懸命走っているつもりなのにペースが上がらない、という悪循環。

いつもよりピッチが少ないことに気付いて、慌てて肩を後ろ向きにくるくる回し、脚の回転数を上げます。

 

第2折り返し、5kmでタイムは28分15秒、5分40秒ペース。青梅の時よりビミョーに遅い…。フラットだからハイペースになるかな…って心配してたくらいなのに…。

 

とりあえず落ち着こう、と、5.2km、最初の給水所でスポーツドリンクを頂きます。

 f:id:shin_kuroiwa:20150304172058j:plain

手前はランナーが集中して供給が間に合ってないので、奥に進みましょうね。

(普段は分かってるから奥まで走るのに焦っている!)

 

 何度も折り返したり、曲がったりしながら、スタート地点付近に戻ると、ファンラン(10km)のフィニッシュ地点が見えました。

f:id:shin_kuroiwa:20150304172202j:plain

もう10km近く!? 緊張したまま走っているのであっという間。

 

この少し先でファンラン部門とフルマラソン部門のコースが分かれます。

f:id:shin_kuroiwa:20150304172234j:plain 

 

10km超えると途端に視界が開けました。

f:id:shin_kuroiwa:20150304172325j:plain

ようやく! 一気に行くぜ!(上げるのは5分30秒までね)。

 

5-10kmまでのラップは27分24秒で、スタートからのペースはまだ5分30秒オーバー。青梅のときはとっくに5分30秒切ってたのに…このフラットコースで坂道の多い青梅のタイムに劣るってまずいんじゃないの…(いま考えると、青梅は坂があるので早い段階で混雑がある程度バラけるんですよね…下りでペースも上がるし)

ピッチを上げて走ります。ここからが本番!

 

ここで今更ですが序盤のコースを紹介します。

f:id:shin_kuroiwa:20150304172457j:plain
ぐねぐね。
 
10kmまでは複数の折り返しや曲がり角を通り、渋滞したコースを縫うように走ってきて常に緊張感があったのですが、10km以降は道の広い直線…しかもフラット。

なんか…飽きる…。

 

と思っていたところに、安倍川橋が見えた! 起伏があった!

f:id:shin_kuroiwa:20150304172602j:plain

坂道! 坂道!!(好きです坂道)

 f:id:shin_kuroiwa:20150304172629j:plain

道幅も広くて走りやすかった。

 

起伏で元気を取り戻した10-15kmのラップは26分31秒(5分18秒ペース)まで上昇し、スタートからの平均ペースはようやく5分28秒に。

良かった、ホッとした! これを維持して行こう! ペース管理はよろしくね、GPSウォッチ!

 

15km過ぎた直後、ふと左手に現れた仮設トイレをみると、設置数は多いのに3人しか並んでいません。チャンス。

さっきはちょっと飛ばしちゃったからトイレで休憩してから仕切りなおそう、と列の最後尾に付くと、私の自慢のGPSウォッチ、EPSON SF-710が、急に振動しました。

「ブーーーー」って。

え? と、覗き込むと、計測が停止している。

あれ。

 

前回の日記で、スタート前に、オートポーズをオフにしたの、覚えていらっしゃいますか?

あそこで切ったの、オートポーズじゃなくて、オートラップ(指定した距離ごとにラップをとってくれる、私はいつも1km)だったんですね。

オフにするとき「この1kmって出てるの何だっけ」って一瞬思ったけど時間も迫ってたし気にしないでオフにしちゃったよね。

そういえば! スタートからこの時計一回も振動してないわ!!(ラップを取っていると1kmごとに震える) ぜんぜん気付かなかった!!

(だから今回は青梅レポートのような1kmごとのラップがありません…)

ラップが死んでポーズが生きている……。

 

ちょっとー!! これどうすんの!!!(どうにもならない)

 

トイレでのロスが正確にわからないと私の「ネットでギリギリサブ4」が危うい。数秒差でサブ4を逃したら洒落にならない。計測が止まっているから頼りの「オールペース(スタートからの平均ペース)」だってもう信じられなくなってしまいます。

慌ててスタートボタンを押して計測を再開するものの、私が立ち止まっていることに変わりはないので2秒で「ブーーーー」って。オートポーズだから。時計は悪くない。

 

私が英語圏のクリスチャンだったら、間違いなくここでOh my God!と叫んだでしょう。

でも日本人だし仏教徒なので、心の中で「くそーーー!」(あ、私は小用でした!)と呻きました。

 

トイレの順番が回ってきても気が気ではありません。何度時計に「ブーーーー」っと振動されてもスタートボタンを押し続け、また「ブーーーー」ってされて…。

 

私のサブ4はこのSF-710のペース管理に掛かっていたのに!(GPSウォッチ依存)

バカー!!!! 私のバカーーーー!!!!!

 

フラフラとトイレを出た私は思いました。

めやすにはなるけど、時計はもう信じられない。

ネットタイムでサブ4なんて悠長なことは言ってられない(だってもう正確なネットタイムはわからないからね!)

もう、行けるところまで行こうと。

グロスでサブ4だと。

 

 

?