働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【その2】静岡マラソン2015~私には2人のコーチがついている!編

前回(【その1】静岡マラソン2015~スタート前から足を酷使編 - 働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ)の続きです。

 

Dブロックに整列したのはブロック閉鎖の5分前、7時55分ごろでした。

あっぶねえ!! 間に合って良かった! でもこの安全ピンのトラブルで緊張も吹っ飛んだわー、ケガの功名だわー、ふー。

 

しかし…道の果てまで…人、人、人…。

 f:id:shin_kuroiwa:20150303073158j:plain

 

あ、そうそう、GPSウォッチの設定を忘れていました。私のかわいいEPSONのSF-710。

普段の街ランの時は信号待ちで計測を止めるためにオートポーズ機能(立ち止まると計測がオフになる)を設定しているのです。

でも今日はレース。給水やトイレ休憩でいちいち計測ストップされたら、スタートからの正確なペースが分からなくなるからね。

ネットタイムでぎりぎりのサブ4を予想してるから、一歩間違えたらポーズしてた数秒の影響でサブ4を逃す事態にも繋がりかねません。オートポーズを切っておかないとね。

 

で、これまでも何度も何度もオートポーズを入れたり切ったりしてきたんですけど、ど忘れしちゃってどのボタンを押したらいいかどうしても思い出せない。緊張が吹っ飛んだなんて言ってましたが、静かにアガッていましたよね。

落ち着こう、落ち着こう。スマホで検索かければ一発じゃないか。

SF-710、オートポーズ、そうそう、Bボタンを長押しして…オフにして…。

 無事に設定完了です。よーしよし、大丈夫。

(このくだり、次回まで覚えておいてくださいね)

 

8時にブロックが閉鎖され、8時5分ごろに列が動き出しました。

整列ブロックからスタート地点に移動しているようです。

こういう流れ。

f:id:shin_kuroiwa:20150303153401j:plain 

最初は歩いていたのに、

f:id:shin_kuroiwa:20150303073257j:plain 

急に走り出した!!

ちょっ、これから42.195km走るんですけど!!! 脚を温存しようよ…!!

 

スタートが見える位置に到着しました。

f:id:shin_kuroiwa:20150303073331j:plain 

ここから42.195km、運が良ければ4時間以内。

スタート地点を目にすると一気に緊張が高まってきたっていうか吐きそう! 吐きそう! おえっ!

 

遠くで市長とかゲストの勝俣邦和さんとかが何やらマイクパフォーマンスしてる声が、耳には届いていますが頭に入ってきません。

 

運動経験ゼロからスタートしたマラソン。サブ4という目標は私にとって途方もなく高い壁でした。青梅マラソンであれだけしっかり走れても、縄跳びの3分間持久跳びができずに放課後居残りさせられた中学生の自分のイメージからどうしても頭から離れないのです。

 縄跳びが3分跳べたからって何? と体育教師に強烈な反感を抱いていた思春期が私の「運動嫌い」の原点で(いや、小学生まで遡るか…)、「フルマラソンで4時間切りたい」という願いの一方、やはりどこかで「4時間切れたからって何?」という冷めた気持ちがありました。自信のなさの裏返しですね。気持ちで負けたらフルマラソンは走り続けられません。

 

でも大丈夫!

こんな絹ごし豆腐より崩れやすい自分の精神を補うため、私は先日、新しくメンタル担当コーチを付けたのです!!

(ご参考:すべてのウルトラトレイルランナーにありがとう!! - 働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ

ロック画面にして、辛くなったら見るんだ…!

 f:id:shin_kuroiwa:20150303085641j:plain

ブログのカテゴリに「鏑木毅さん」って作ってもいいくらい当ブログに頻出のトレイルランニング界のレジェンド。普段からファンを公言しているので読者の方が名台詞で励ましてくださる…

 これはNHKラン×スマ出演時の名台詞!(金コーチと鏑木コーチ夢の競演)

これまでの放送「2014年7月12日放送分」/NHK ラン×スマ 街の風になれ

鏑木さん「せっかく楽しい山を走ってるのに、もったいないので、とにかく、苦しささえも楽しもうという、ポジティブな思いを出すっていう意味で」

そうだ、ここは山じゃないけど楽しいサブ4への42.195km…!

中学時代の縄跳びは何度か居残りしてようやく3分跳べたけど、達成感や喜びは私の中に一切残っていません。居残りの「嫌だ」「面倒だ」という記憶だけ。

でも2013年のつくばで初めてフルマラソン完走した時は嬉しかったし「まだ終わらないで」って思ったはず。4時間切れたら、きっと、もっと嬉しい。

 

私は昨日、激走100マイルだって読み返したのです。何だったら待機列でキンドル版も読んだ(ほんと、好きなんです! みんなも読んで!)

 

 抜粋しますね。

極限とも言える苦しみは、最高の喜びに変わる。

(前略)足の筋繊維の一本一本が徐々に裂けちぎれるような感覚を覚えます。そこから流れ出た血液がジャブジャブと足のなかで滞留しているような感覚で(後略)

この地獄をもし乗り越えることができれば、きっと自分はもっと強くなれる。

2つめの抜粋の後、鏑木さんは激痛のあまり、走りながら走馬灯を見ているんですよ。見たことあります? 運動しながら。走馬灯。

フルマラソンサブ4レベルでどう頑張ってもこんな過酷な状況にはならない。足が痛くなってもどうせ今シーズンは終わりだから根性でぶっちぎればいい(アキレス腱断裂とかは別ですよ!救急車!)。激走100マイルには「勝つことに対していかに貪欲になれるか」って書いてる。絶対サブ4とるんだ、絶対! 絶対!!

 

Twitterで宣言してさらに追い込むぞ!!

 

おえっ(自らのプレッシャーに負ける)

 

 東京マラソンEXPOで握手してもらったな…かっこよかった…と思い出に浸って現実逃避していたら、スタート時刻、8時20分、乾いた号砲が鳴り響きました。

 

体重は自分で落とした! 足は金コーチに作ってもらった! 折れない心は鏑木コーチに教えてもらった! 疲れを抱きしめる! 最高の喜びに変わる! 

 

サブ4ランナーになって帰ってくるぞ! ゴールは清水だけど! あっ、ネットタイムでね!(弱気)

 

勢いよく駆け出そうとしましたが、だらだらとゆっくり歩きのスタートで、まあそうよね、渋滞があるものね、と自分を納得させながら流れにまかせて進みます。

静岡マラソンって定員1万2000人でしょ、1万5000人の青梅マラソンでもこんなにゆっくりだったっけ? と不思議に思いつつ、すこーしずつ、ゲートへ近づいていきます。

f:id:shin_kuroiwa:20150303090213j:plain
ぎゅうぎゅう。

 f:id:shin_kuroiwa:20150303085743j:plain

いってきまーす!(どなたかは存じません、ごめんなさい!)

 f:id:shin_kuroiwa:20150303090252j:plain

カメラだ!

 

最初1kmはウォーミングアップでゆっくりね、という認識でしたが、

 

わりと、

f:id:shin_kuroiwa:20150303090445j:plain 

長いこと、

f:id:shin_kuroiwa:20150303090510j:plain 

渋滞してるっていうか、

  f:id:shin_kuroiwa:20150303090528j:plain

 いくらなんでも、道が、狭すぎませんかね。

 

...これは…イライラするぞ…!!

 

つづく。

 

 

?