働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【その4】第49回青梅マラソン~私は! まだ走れる!!

 前回(【その3】第49回青梅マラソン~死にたさで不安が一掃 - 働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ)の続き。

 

折り返し以降は下り基調ですから、ペースを維持するためにスピードを抑えるのが難しくなってきました。

上げすぎては抑え、上げすぎては抑え、の、でこぼこラップ。

 レース後半には「青梅マラソン最大の難所」と言われている「よろい坂」があります。21kmの少し手前からスタートするこの坂、アシックスの青梅マラソンコースガイドを引用すると、

 

ここからが青梅マラソン最大の難所〝心臓破りの坂〟だ。700mほどの間に高低差約25mを上りきらなければならない。小さな橋を渡った先に二俣尾駅があり、二俣尾駅を過ぎたあたりに上り坂のピークがある。

参照:http://www.asics.co.jp/running/marathoners/oume2014/map

 あー! うっすら覚えてる!

2年前に出たときは「何だこの坂、壁かよクソっ!」と恨みながら、へろへろになって上った思い出深い坂です。後半にあれはエグかった。

 

今回はどうかしら、と覚悟を決めて近づいていくと、コース中央から、明るい声で激が飛んできました。

「あと9kmー! 頑張ってー!」

わ!!!! 高橋尚子さんだ!!

Qちゃんが! あの坂の手前に立ってる!

(興奮のあまり肝心の写真がありませんすみません)

QちゃんQちゃんQちゃん!!!

Qちゃんは両手を掲げ、復路を走るランナーと笑顔のハイタッチ。ぎゃーこれはやられる一発でファンになるわ!!

(あ、私はいつもNumberDoでお見かけしてて、もともとファンです。特に対談記事。Qちゃんの現役時代のエピソードが凄まじすぎて男性選手に驚かれているパターンが大好きです!/一例、ヤマケンをビビラせるQちゃん:<Qちゃん、トレイルランに挑戦> 高橋尚子×山本健一 「山で走ることは、山で遊ぶこと」(2/3) [私とDo 特別編] - Number Web - ナンバー

 

吸い寄せられるように近づいて行って、しっかりハイタッチしてもらいました!

元気出た! よし坂だ!!

 f:id:shin_kuroiwa:20150218173852j:plain

21kmまでのオールペースは5分27秒。

多少ペースが落ちても5分30秒を上回ることはないでしょう。さあ上ろう、と覚悟を決めて足を進めたら、あれ、思ったよりすいすい上れる!! すいっすい上れる!

 

私は思いました。

これ、進研ゼミ、もとい金哲彦さんのトレーニングでやったところだ! 明らかに坂道ダッシュの効果だ!!

金コーチすげえええええええええええ!!

(青梅マラソンを検索してたどり着いて下さった方へ。私は金哲彦さんのトレーニングメニューでサブ4を目指してます:金コーチと心中します カテゴリーの記事一覧 - 働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ

 

これまでの貯金でペースに余裕を持って走れたので、特に心臓も破れないまま、淡々と坂を上りきりました。ラップタイムは5分39秒。ギリギリサブ4ペース。

おお…私、走れるようになったなあ…。

 

応援の和太鼓も。

f:id:shin_kuroiwa:20150218173829j:plain

ありがとう、おばちゃん元気出たよ!

 

25kmまでのスプリットとラップ。

f:id:shin_kuroiwa:20150219084954j:plain
 
23,24kmの下り坂で逸る気持ちを、25kmまでの上り坂でぐっと抑える。
青梅のアップダウンはオーバーペース対策に有効でした。

 

細かなアップダウンを経て、残り5kmとなった、25km地点。私は足には十分な余力が残っていました。

たぶん、あと10kmはこのペースで走れる、と思う。

 

下り坂でついつい上がるスピードを抑える努力はしているつもりでしたが、心拍数を上げる快感に抗えず「このまま行っちゃってもいいんじゃないの?」と足元がソワソワしていた事は確かです。

 

そんなことを考えていたら、もうここまで来てしまった…

f:id:shin_kuroiwa:20150218173950j:plain 

 残り4kmの表示を見ながら刻んだ26kmのラップタイムは5分8秒。

下り、抑えられてない!!

ゆるめよう、ゆるめよう、と思いながら、私の頭の中は、どこからスパートをかけようか、という思いで一杯でした。

 

そう、スパート。

青梅前からこのブログを読んでくださった皆さまは「フルへの調整レースじゃなかったのか」「5分30秒ペース、2時間45分で完走はどうした」「残り1kmでスパートじゃなかったのか」とお思いでしょうか。お思いですよね。

 

だって!

調整レースって言ったって、こんなに余力があるんだもん!

2時間かけて青梅まで来てレースに出て、こんな不完全燃焼のまま帰れるか!

 

私はまだ、走れるんだ!!!

 

ここで冷静になって、ランナーの方なら一度は聞いたことのあるフレーズを思い出しましょう。「自分の体との対話」。

スパートに向け、私も体と対話してみました。

 

息は? 苦しくない!

足は? 痛くない!

よし行くぞ!!!

(雑すぎる対話)

 

一応27kmまで我慢して、残り3kmは上げていきます!!

 

スパートをかけるぞ、と踏み出す最初の一歩。体の真下に下ろしたシューズの底を地面に反発させ、ゴールへ駆け出す瞬間の多幸感は、27kmの疲れをすべて吹き飛ばしてくれます。

ここから3kmはもう頬が緩みっぱなし。

沿道で手を出している応援の方とハイタッチしまくり、広い道路を思うままのスピードで走ります。夢の中にいるような時間でした。

f:id:shin_kuroiwa:20150219084757j:plain

あとたった2kmしか走れない…

 「女子がんばれー!」という知らないおば様の熱い応援に笑いながら手を振り返す余裕もまだまだあります。

 

GPSウォッチが29kmを知らせ、残りは1km。ラップタイムは4分52秒。ペースはもうちょっと上げられそう。気持ち、上げましょう。

ニヤニヤして走ってたら不審者みたいだな、と思っても、顔がほころぶのを抑えられませんでした。

ゴールに近づくにつれてどんどん大きくなる沿道からの応援、これまでの練習が思っていた以上に大きな実を結んだこと、ブログやtwitterを通してたくさんの方に励ましてもらったこと…理由はたくさんありますが、この瞬間は、何より、走ることが、ただただ楽しかったのです。

 

角を曲がると、

f:id:shin_kuroiwa:20150219085234j:plain 

フィニッシュゲート!

 

まだ終わらないで、と願いながら、あっという間の30kmでした。

 

最後のスプリットとラップ

f:id:shin_kuroiwa:20150219090053j:plain

 ラスト3kmのビルドアップを見てください! 金哲彦コーチありがとう!  金コーチに弟子入りしてよかった。金コーチ、私、やったよ!!(いや、調整レースなのは分かってます、大丈夫です)(「コースが多分150m長い問題」についてはまた後日書きますね)

 

2年前に初めての青梅マラソンを完走したときは、ネットタイムで3時間8分34秒。ヘロヘロになって、腸脛靭帯炎のお土産付きでした。

今日はそのタイムを25分縮めて、あっという間の30km。どこも痛くないし、まだ走れる。

 

これまでのレースでは感じたことのない充足感が沸いてくるのを感じながら、私はサブ4への決意を新たにしたのでした。 

 

青梅マラソン最高!! また来年も戻ってくるね!!

 

(つづく)

※後はレース後の流れと参加賞、補給、雑感について書きます。

 

 

?