働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【その3】第49回青梅マラソン~死にたさで不安が一掃

前回(【その2】第49回青梅マラソン〜5分半おじさんとの出会い、そして別れ編 - 働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ)の続きです。

 

「くろいわさんですか?」と爽やかな青年に声をかけられた瞬間、しらばっくれよう、と、私は思ったのです。

 

この時の私の気持ちをどう表現すれば良いでしょうか…。

悩んでいたら、過去の日記に集約されていました。

マラソン仲間(知人)の後輩ランナーさんが、このブログを読んでくれているという話で、

 このレース紹介してくれたの、マラソン仲間の後輩ランナーさんじゃないですか。今はまったく知らない人だけど、いつかどこかの大会で、私が「くろいわ」と認識された上で遭遇する可能性があるわけじゃないですか。
そういう絶妙な距離感の人に、太った経産婦のババア(私)が「鏑木さんかっこいいきゃっきゃっ♪」って世界のトップランナー捕まえてミーハーに騒いでる気持ち悪い日記を読まれてるって、改めて考えると死にたくなるっていうか、死にたい。

死にたい!!(あと、サラッと「読まれてる」なんて書いたけど、私が勝手に全世界に向けて公開してましたよね)

参照→しばらく控えます!!!!! - 働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ

鏑木毅さんくらいならともかく、「股から血を流して走っている」だ「Fカップが垂れて志村けんのおばあさん」とか書き散らしてるわけじゃないですか。

ブログを読んでくれている方にレースで会う可能性は、これまでも考えなかった訳ではありません。

でも、まさか参加者1万5000人の青梅マラソンで!

しかも同性ならまだしも、こんな好青年に見つかるとは!

「違います」って言うしかないだろ!!

私はあんな頭のおかしいブログを書いているランナーではありません!!

 

いや…でも…Twitterやブログのコメント欄で「くろいわだと思ったのに人違いで別の女性に声かけちゃった」なんて言われたら、私は良心の呵責に耐えられない…。

どちらとも取れるように「あー…あー…」とカオナシ(千と千尋の神隠し)のようなうめき声を上げると、爽やかランナーは言いました。

「まどまどです」

 

あなたでしたかー!!!


sneakermadmadのサブ3.5チャレンジ

 

動揺しすぎて挨拶をしたかどうかは覚えていないのですが、私が「あー…あの、先に行かれますよね…」と進行方向を指差したら(いま考えるとまるで相手を追い払うような、ぱるるもびっくりの塩対応ですね!)、madmadさんは「お互い頑張りましょう!」と励まして下さり、私が「あー…」と呻いている間に、スピードを上げて颯爽と去って行きました…。

 

爽やかだ…拝んでおこう…。

(madmadさんは私がアホみたいにバシャバシャ写真取りまくってたから気付いた、という内容の事を仰ってましたが、ぜったいに遠目から見ても分かる足の太さで気付いたに違いないと今でも思っています、特技は被害妄想です、静岡マラソンまでに痩せよう…本当に痩せよう…)

 

やばい私あんな爽やか好青年が読んでくれている日記であんな記事ばっかり書いてるのか、死にたい、死にたい、いい大人なのに挨拶もまともにできなかった、死にたい、死にたい!! と激しく動揺していたらいつのまにか5分半おじさんに並んでた、そして抜いたーーーーー!!

 

抜いちゃった!!

どうしよう!!

 

思わず一瞬振り返ってしまいました。

5分半おじさん!!

 

どうしようって言ったって…。

もう戻れないし、行くしかない!!

 

ここで吹っ切れました。頼れるものは自分とGPSウォッチだけ。

GPSウォッチのオールペースが5分30秒を下回らないように、5分27秒を上回らないように、下り坂ではどうしてもペースが上がってしまうので上り坂を抑え気味に、と微調整を繰り返しながら走ります。

これまでペース感覚を身につけて来なかったツケが…。

 

10kmでようやく公式の給水所。

f:id:shin_kuroiwa:20150217192355j:plain 

思わぬ好天と緊張でノドはカラカラ。グリーンDAKARA、頂きます!

 

青梅マラソン、公式では4ヶ所しか給水所がないのに、私設で大規模な給水所を出してくださるグループが複数いらっしゃって、「青梅パネェ」って思いました。私設で給水所って。あなた。

 

そうこうしているうちに先頭集団がコースを折り返して戻ってきましたよ!

 先導のパトカー!

f:id:shin_kuroiwa:20150217192515j:plain 

白バイ!

 f:id:shin_kuroiwa:20150217192543j:plain

イイ足!

f:id:shin_kuroiwa:20150217192613j:plain

ストライド広いー!!

トップ選手たちは風のように去って行きました。かっこいいなー。

速い選手を間近で見られるのは折り返しコースの醍醐味ですね。

 

10km過ぎてからは、折り返し地点まで上り坂。

f:id:shin_kuroiwa:20150217192733j:plain  

折り返し地点の看板が見えた!

f:id:shin_kuroiwa:20150217192849j:plain
常設なんですね。49回の伝統。

 そして折り返しのポールです。触りそこねた。

f:id:shin_kuroiwa:20150217193030j:plain

 折り返して少し走った15km地点で、手元の時計で1時間22分12秒。オールペースは5分28秒でした。よし、帳尻は合ってる!ほぼ5分30秒!!

 

ここまでのスプリットとラップ

f:id:shin_kuroiwa:20150218164620j:plain 

(上り坂でペースを落としているのは、下り坂で上げ過ぎたスピードを調整するためです)

前半は計画通りに進みました。脚も体もまだまだ余裕。

(とはいえ、青梅マラソンでは中間点の15kmって、フルマラソンだと3分の1に過ぎないんですよね。改めて、42.195kmって途方もない距離ですね…)

 

下り基調の後半は、飛ばさず、抑えて、がまんして、が目標です。

がまん、がまん、がまん…。

 

で、できるかな…。

(※青梅マラソンのレポート、坂の過酷さを知りたいと思っていらっしゃる方が少なくないと思うのですが、私は大菩薩も走った無類の坂好きランナーなので「坂だ坂だ! なんだ、ゆるい上りだな! もっと急な坂はないのか!!」とウキウキ走りました。お役に立てず申し訳ありません…)

(つづく)

 

 

?