働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

ポーチ? ポケット? ランの持ち物

ポケットが少ないウエアしか持っていないので、私は断然ポーチ派です。

 f:id:shin_kuroiwa:20141119090835j:plain

年季が入っているのでくたびれ気味。

 

ランニングの時は必ずスマホを持って走ります。ランニングアプリで距離や時間を計測するためです。ランニングを始めた初日、スマホをポケットに入れて張り切って走り出したら、スマホまで勢い良くポーンと飛んで行って「ひぃぃぃ!!」ってなったので、チャックの無いポケットが怖いです(その日は結局手に持って走った)。スマホが空を飛んだ翌日、さっそく腕に巻くアームポーチを買いに行きました。

しばらく使ううちにゴムが伸びて来たのと、スマホ以外のものがあまり収納できないのが不満で、ウエストポーチに乗り換えました。

 

水がいらない10kmくらいまでのランニングと、レース本番ではモンベルのクロスランナーポーチSを使っています。

 

 

収納はこんな感じ。

f:id:shin_kuroiwa:20141119091026j:plain
中に仕切りがあるので使い勝手はなかなか。

普段は内側のポッケに家の鍵と500円玉、外側にスマホを入れて走っています。腰の位置できゅっと締めると、せり出した下腹がストッパーになるからそんなに揺れないよ!!(自分で言っててつらい)

 

レース本番では貴重品を預けるのが面倒なので、お金やカード類もポーチで持って走ります。

荷物のコンパクト化のためにもともと財布は持たず、お札とPASMO、保険証、クレジットカードをジップロック的なものに入れ、 

f:id:shin_kuroiwa:20141119091648j:plain

100円ショップで買ったカードケースに。

水や補給食などの買い物は、前日までに済ませるか、当日も電子マネーで決済して小銭は作らないようにしています。

 

会場で着替えたら、このジップロックを取り出して、

f:id:shin_kuroiwa:20141119091945j:plain
ポーチに突っ込んで走れば貴重品管理は万全!
 
上の写真は貴重品に加え、スマホ(画面がバリバリに割れて引退したiPhone4Sを見本として入れてます)に、ジェル1個、アミノバイタル顆粒2本、ロキソニン1錠を入れた状態です。ジェルはあと2つくらい入ります。
 
スタート直前に飲むゼリー飲料を入れると、チャックが閉まるかどうか危うい感じになるので、いつも手に持って待機し、飲んだ後はランパンの後ろのポケット(チャックつき)に入れてます。このポケットにスマホが入ればいいんですけど小さくて入らない…。
 
貴重品をレース中に落とした場合は無一文になるのでくれぐれもお気をつけください。
念のため、着替え等の荷物の中に帰りの交通費くらいは仕込んだほうがいいかもしれませんね。
ランナーなら気合で走って帰宅するという手もありますね☆(一応3月の静岡マラソンに備えて調べたら、静岡から自宅まで200kmありました)
 

このポーチ、下腹に密着する裏側はメッシュで通気性がいいのですが、

f:id:shin_kuroiwa:20141119120218j:plain
その分、汗も通すので、ランニング後はスマホがしっとり濡れていることがあります。気になる方はジップロック的なものに入れて走ると安心ですね。
 
ポーチは週1くらいでネットに入れて洗濯していますが、一年半くらい使用しても問題なく、なかなか丈夫です。さすがモンベル
 
Amazonではもう一回り大き目のMサイズのほうが評価が高いようです。
 
 

 

 水なしで近所を走ったり、エイドが豊富なフルマラソンを走ったりする分には、Sサイズで十分だと思います。

 
LSDの時にはこのポーチをつけて330mlのエビアンを手に持って走るか、ペットボトルが収納できるポーチ「YURENIKUI」(直球過ぎる名称)を使っています。
 
「YURENIKUI」に関してはまた次回。
 
 
このブログはいま何位?→マラソン人気ブログランキングへ
 

?