働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【その2】湯のまち飯坂・茂庭っ湖マラソン〜開始5kmで臭い

前回:【その1】湯のまち飯坂・茂庭っ湖マラソン〜ハインリッヒの法則で私は死ぬ - 働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ

 

まずは9時30分に10kmの部がスタートします。整列を待ってスタート地点の傍でストレッチしながら周りを眺めていたら、陽射しがどんどん強くなってきて、すっかり初夏の陽気に。

 
見てください、この濃い影。
f:id:shin_kuroiwa:20141105080519j:plain
 
今日、11月2日だよ…?
ここは東北だよ…?
日焼け止めなんか持ってきてないよ…?
(おかげさまで腕と首だけしっかり日焼けしました)。
 
本日は勝負シューズ・ゲルフェザーグライド2のフルマラソンデビューでもあります。頼んだよ、相棒!
f:id:shin_kuroiwa:20141104174317j:plain
 
改めて見ると針金の止め方のテキトーさ加減に雑な性格がよく表れています。
 
10kmの号砲が鳴り、拍手で見送った後、同時スタートのハーフ・フルマラソンの参加者がスタート地点に整列します。参加者は合わせて1000人と少し。予想タイムのプラカードも1時間刻みでざっくりしたものです。ハーフなんて「1時間台」「2時間台」の2種類。このゆるさがたまりませんね。
 
f:id:shin_kuroiwa:20141105080836j:plain
フル4時間台に並びます。
 
この時点で、かんかん照り。
嫌な予感しかしません。
 
9時40分、号砲が響き、いよいよスタート。
これから4時間も走るのか…! と改めて驚きながら一歩踏み出しました。
 
本日のコースはこちら。
f:id:shin_kuroiwa:20141105085721j:plain
フルマラソンだと合計で5回も折り返し地点を経由する、地図だけでは分かりにくい複雑なコースです。
 
13kmまではこんな感じ。
f:id:shin_kuroiwa:20141105090555j:plain
この地図、時計で言うと55分の方向が北…。
なので上下左右で説明しますと、スタート直後、時計回りで右下の第一折り返し、B地点を目指します。
折り返し後は来た道をそのまま戻ってスタートに帰り、フィニッシュ地点を通り過ぎて(A地点を起点にスタート地点を経由して反時計回りに一周する、といえば分かりやすいでしょうか)、A地点を左折、ここから大会一番の難所と呼ばれる長い坂に入ります。
 
地図だけで見ると「ハアッ?」となりますが(少なくとも私は…)、当日はスタッフの誘導もあれば、1kmごとに距離表示のコーンが設置されてるので迷うことはありませんでした。
f:id:shin_kuroiwa:20141105092534j:plain
 
1000人規模だから走りやすいだろうと踏んでいたものの、スタート直後は道が狭く、
 
f:id:shin_kuroiwa:20141105082951j:plain
壁だらけ。
思うように走れません。
 
そんなことより、あれは何?
f:id:shin_kuroiwa:20141105093841j:plain
まさか…後であそこまで上るの…?
(そのまさかです)
 
 
f:id:shin_kuroiwa:20141105165333j:plain
3kmを過ぎた頃からランナーがばらけて走りやすくなります。
5km折り返し地点へ向かう直線はゆるやかな下り坂。ついついスピードが出てしまいますが、後半のためにぐっと我慢しましょう。小出義雄監督も「マラソンは我慢」と仰っています。
ちなみに。私は我慢できませんでした。
 
 
f:id:shin_kuroiwa:20141105170316j:plain
突っ込み過ぎ。
サブ4目指すペースですらキロ5分40秒なのに、2kmに至っては5分5秒。下りとはいえ飛ばし過ぎ。完全に浮き足立っています。
 
緊張とオーバーペース、強い陽射しですっかり喉が渇いていたので、4km過ぎの第1給水所で早速スポーツドリンクを飲みます。
痙攣も怖かったので、水を貰ってタイツの上から太ももとふくらはぎに、さらに余った水を首の裏にかけました。4時間の長丁場ですから、とにかく身体を冷やしましょう。
 
 
f:id:shin_kuroiwa:20141105170526j:plain
折り返し地点。
 
5km地点で手元の時計を見ると27分です。速すぎる。
この時点ですでに胸元から強烈な汗臭さが吹き上げてきました。5kmでこんなに臭いなんてフル走り切ったらどんな臭いに…。
 
自分の体臭に気持ちも落ち込んだところで、下りで上がったペースを、折り返し以降のゆるやから上りで抑えようとしました。が、一度ペースに乗ったらゆるめるのはなかなか難しく、
 
f:id:shin_kuroiwa:20141105171944j:plain
絶妙に、40秒を超えません。
 
10km地点には、10kmレース参加者のゴールがあります。右のコースが10kmのフィニッシュ、その左側がハーフとフルの参加者が通過するコースです。
 
f:id:shin_kuroiwa:20141105172933j:plain
私もいっそ10kmの参加者のフリをして右のレーンに突っ込み、爽やかなやり切った笑顔でゴールを決めたい。そして飯坂温泉駅まで戻って円盤餃子とビールのランチをキメたい。
 
あっ、待てよ、9時40分スタートで最低でも4時間走るってことは終わる頃は14時近くでしょ? よく考えたら昼ごはん抜きで走るのか、42kmも!? バッカじゃないの!?  やめたい! 今すぐゴールしたい!!
 
という強烈な誘惑を振り切って、ゴールの左側を通過しました(フルマラソンの時は3kmに1回はこんな風に怒りに満ち溢れています)。
 
フィニッシュ地点を抜け、民家の傍を走るコースを通り過ぎ、11km過ぎからいよいよ、大会一番の難所と言われる坂に突入します。
距離にして1.7km、高さ100m、平均道路勾配は6%です。
 
f:id:shin_kuroiwa:20141105175053j:plain
思わず立ち止まって写真を撮る。
 
あれ? 大菩薩に比べたら全然キツくないじゃん!  いけるいける!
 
全力で駆け上がろうとしましたが、思い出しました。これ、フルマラソンだった。しかもまだ4分の1。落ち着きましょう。
 
6分台でさっさと上ると、遠くに見えていた堤防がこんな近くに。
f:id:shin_kuroiwa:20141105175814j:plain
 
あっという間に、登坂車線は終わり。
f:id:shin_kuroiwa:20141105175846j:plain
 
何だ、歯ごたえなかったな、赤子の手を捻るようだったぜ、と、私は調子に乗っていました。あとはラクショーだな、と。
 
だって公式サイトには書いてたから。
 
 
f:id:shin_kuroiwa:20141105180128j:plain
声に出して読んでもらっていいですか。
 
「平坦で走りやすいコースです」。
 
平坦で走りやすいコースです、と。
 
 
は、謀ったな!!!!(ガルマ・ザビ)
 
続く…。
 
 
このブログはいま何位?→人気ブログランキング
 
 

?