働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【その4】甲州フルーツマラソン完走記~補給、雑感、反省点

前回:【その3】甲州フルーツマラソン完走記~フィニッシュから勝沼ぶどう郷、そして帰宅へ - 働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ

 

このブログは私の個人的な感想ですので、ぜひランネットの大会レポも併せてご覧下さいね。

大会レポ - レポート&評価・第5回甲州フルーツマラソン大会(2014年)

 

ちなみに23kmの部(大菩薩コース)、男子の優勝者は1時間41分29秒、女子の優勝者は1時間58分53秒だそうです。

戦場でガンダムを見たジオン兵(量産型搭乗中)の気持ちになりますね。


さて、最後に甲州フルーツマラソン大会、大菩薩コース完走後の雑感について、思いつくままに記録します。

 

とても楽しい時間を過ごせました

私のタイムスケジュールでは、レース前、レース中、レース後ともに、特に大きな不満はなく、とても楽しい時間を過ごせました。参加者の多いハーフや10kmだとまた勝手が違うかもしれませんが。

沿道では年配の方から小さな子どもまで、地元の方が励ましてくださってとても元気付けられました。

さすがに山道に入ると一般の方の応援こそありませんでしたが、コース上には一定距離ごとに、スタッフジャンパーや消防団のハッピを着た運営の方が立っていらっしゃって、ランナーを暖かく応援してくださいました。本当にありがたかったです。素敵な大会でした。

 

暑さと緊張で水分不足

この日は快晴で最高気温20℃を越える暑い日でした。なのに電車が混んでいたり、荷物預けるまでバタバタしたり、緊張して水を飲むのを忘れていたりで、事前の水分補給をおろそかにしてしまいました。
スタート時からアームカバーが不要なほど気温が高く、上り坂がハードでかなり汗もかきます。スタートしてすぐに喉の渇きを感じ、一つ目の給水所(2km過ぎ)でさっそく水をがぶ飲み。その後、全ての給水所でお水やスポーツドリンクを頂きました。
にもかかわらず、自宅最寄り駅まで一度も尿意を感じず、トイレに行かずじまい。スタート前、会場に着いてから2回トイレに行ったとはいえ、明らかに水分不足でした。
前日まで「ウォーターローディング」を意識してこまめに摂取するようにしてたのですが、肝心の当日の調整がうまくできませんでした。反省しています。 
ちなみに横目でみた限り、コース上でのトイレ混雑は見かけませんでしたので、大菩薩コースであればトイレ休憩によるタイムへの影響はさほど大きくなさそうです。

 

給食どころじゃなかった

事前情報どおり、給水所にエネルギーになるような給食はありませんでした。水とスポーツドリンクが基本で、ところによって梅干と塩飴が置いてあります。
 
【その1】で書いたように、明らかにお餅の食べ過ぎて胃もたれしていましたが、それでもエネルギー切れが怖くて1時間走った場所にあった給水所の少し手前でパワージェルを開けました。

ちょうど上り坂で、ぜえぜえはあはあ息が切れているところでした。

呼吸を整えながらパッケージをぎゅっと押すと、粘性の高い、ぬるっとした人肌の液状物が口の中に飛び出してくるんですね。ジェルだから当たり前なんですけど。
これが歯や歯茎や舌や頬の内側等の口の中全体にねばり付くんです。ねっとりと。これは味が美味しいとかまずいとか以前に、受け入れられない…(震えながら給水所の水で流し込み、口をすすぐ)。
 
味は美味しい正統派の「青りんご味」でした。パワージェルは悪くない、慣れてない私が悪いのです。もっとゼリー寄りのつるっとしたジェルなら飲めたかもしれません。胃もたれで一向にお腹が空かなかったので、2本目のジェルは開けず、以降は水だけで乗り切りました。
ジェル、普段から飲むようにすれば慣れるのでしょうか。食感が苦手すぎる…。
 

先が見えないのはとにかくツラい

走ってて上り坂の次につらかったのは、距離の感覚が掴めないこと。アップダウンが激しくてペースも一定ではないし、道は曲がりくねって見通しも悪いし、距離表示も少ないし、あっても正確かどうか怪しい…。
 
序盤は、大菩薩コースとスタート地点の異なる10km、ハーフの距離表示が混在していて、息を切らしながら「まだ3kmか」とがっかりした看板が10km・ ハーフの表示だったとか(大菩薩コースのスタートは10km・ハーフのコース上にあるのため、実際はまだ3km走ってなかった)、大菩薩コースの終盤では、
 
f:id:shin_kuroiwa:20141020235412j:plain
残り5kmの表示に喜んだのもつかの間、1kmほど走った先に、
 
f:id:shin_kuroiwa:20141020235437j:plain
18km地点の看板が。
 
さて、ここで、算数の問題です。
 
23ひく18は…5!!
 
じゃあどっちの看板が正解なのだ…!!
 
さっき写真を見返してようやく気付いたのですが、あれ。あれを見てください。
 
f:id:shin_kuroiwa:20141023164217j:plain
 
1kmの大会看板の隣に、道路に備え付けてある距離表示がありました。山道に入るといつの間にか現れたこの標識、そういえば数キロに渡って点在していました(確か)。終盤はこの標識を心の支えにすればよさそうです。逆に言うと大会の看板はあまりアテにしないほうがいいかもしれません…。
 

実際、トレランと比べてどう?

 大菩薩コースの過酷さはトレランと比較して言及されることもあるようですが、数少ない私のトレラン経験から言うとまったくの別物でした(ちなみに山は練習で走っただけで、トレランレースは未経験ですのでご参考程度に)。

舗装されてない山道を走るトレランは常時緊張感があるし、安定していない足場の上でバランスを取りながら身体全体を使うという、アスレチックの要素の強い「大人の遊び」。滑って転んで滑落しないよう、常に頭も使います。

一方の大菩薩コースはただただ淡々と道路を上って行くという、肉体的・精神的に忍耐力を試される「修行」の色が濃いです。道路は山道と違って足への負担も大きいですしね。特に後半をいかに歩かず攻略するかは、がまん、とにかくがまんが必要です。

また、トレイルの登りにはさまざまなバリエーションがありますが(木の枝、石段、落ち葉の道、岩場、ガレ、シングルトレイルなど)、大菩薩コースのバリエーションはカーブか否かと傾斜の違いだけですので…。
トレイルを上っている時は辛くても面白いけど、大菩薩コースはただただ辛くて3回くらい泣きそうになりました。1200mの苦難の道。
 
さんざん脅かすようなことばかり書きましたが、その分、完走の達成感はひとしおですよ。一度走ったら不思議とまた挑戦したくなるコースです。来年の大会、勢いでエントリーすることを強くお勧めします!!

※あくまで個人の感想です。
 

レース終了後のケア

私の履いているランニングタイツはC3fitの疲労軽減型。山頂の簡易更衣室でタイツを一度脱ぎ、液体の消炎剤を塗りたくってから再びタイツを履いて、上からズボンを履きました。隣で着替えていた人は臭かったと思います。本当にごめんなさい。

 お風呂に入りたい方は、勝沼ぶどう郷駅から徒歩20分の場所に甲州市の市営施設「天空の湯」があります。

天空の湯 甲州市勝沼ぶどうの丘

温泉なのに600円! 安い!

しかし公式サイトで徒歩でのアクセスを調べてみると、
アップダウンがきついので覚悟してお出かけください
はい、まっすぐ帰ります。
いいんだ、制汗シートで身体拭いたから…。

地元の方に聞いた情報によると、電車で20分弱移動して石和温泉に立ち寄るのも良さそうです。
(この後、どうしても広いお風呂に入りたい私が自宅最寄り駅の銭湯でひとりでゆっくりするつもりだったのに、何故か夫と娘が自転車で銭湯にさっそうと現れ、女湯で元気満点な4歳児に翻弄されながらも疲れを癒そうと奮闘する「お母さんエピソード」はまたの機会に…)
 (あ、銭湯で痺れるような冷たさの水風呂に下半身を沈めて2クールほどアイシングしたのも効果があったかもしれません。さすがの娘も「こんなつめたいの…ママだいじょうぶなの…?」って引いていました)
 
帰宅後、すぐにランニングタイツを洗って干し、寝る前に乾いていることを確認して、脚に消炎剤を塗り込んでからふたたび着用して就寝。起きたらほとんど筋肉痛がなかったので、履いて寝てよかったー!お勧めしなきゃー!と感動して念のためサイトを確認してみたら、
※立位姿勢をもとに設計されていますので、就寝時には着用しないでください。

えっ…!!(ごめんなさいもうしません!)



フルマラソンを走った後は必ずどこかが泣くほど痛くなり、2~3日の間は下半身もガタガタになるのですが、今回は翌日から大した痛みがなかったので「やっぱり頑張れなかったなあ」としみじみ反省することになりました。


レースを「完走」はしたけど、コースの「攻略」はできなかった(そもそもゴール前でダッシュできる余力がある時点でダメなんですよ〜!)。

 

来年は「完走翌日以降ふともも前面の筋肉痛が時間を追うごとに強まってきてあまりの激痛に職場のトイレで半泣きになり、仕事の昼休みに薬局に駆け込んでフェルビナク配合率が一番高い高級シップを買った東京マラソン直後」くらい脚を破壊しきって、心身ともにやり遂げたいと思っています。

 

第5回甲州フルーツマラソン大会、大菩薩コースのレポートは以上です。

長々とお付き合い頂きありがとうございました!

 

 

 このブログはいま何位?→マラソン人気ブログランキングへ



更新情報をTwitterでお届けしています。
よかったらフォローして下さい(^^)

 

?