働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【その3】甲州フルーツマラソン完走記~フィニッシュから勝沼ぶどう郷、そして帰宅へ

前回:【その2】甲州フルーツマラソン完走記〜スタートからフィニッシュまで〜 - 働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ


フィニッシュゲートをくぐり、気をよくした私はスタッフの方に写真をお願いしました。

普段撮られ慣れてないので中途半端にポーズを決めようとすると、

 f:id:shin_kuroiwa:20141021211549j:plain

右太腿の裏が攣る。

「いたい!!」って叫んだよね。

 

足が攣りつつ根性で変なポーズ。痛みで猫背になっています。

f:id:shin_kuroiwa:20141021211611j:plain

(自分の太ももの太さに衝撃を受けてモザイクをかけたら露出狂のような趣に。しっかりランパン、タイツ、パンツと重ねて履いております。ご安心ください)。


 痛い、痛いと騒ぐ私にスタッフの方が笑いをこらえつつ(うん、私も他人事なら指をさして手を叩きながら爆笑してるよね)救護テントで休んで行ってはどうかと声をかけてくれました。

お言葉に甘えてテントのシートで休ませてもらい、すこし足を伸ばしたら痛みが治まったので、疲労抜きのためにも動いたほうがいいだろう、と、スタッフの方が心配して引き止めるのも聞かずにさっさと立ち去ってしまったのです。昔話だったらヤマンバに食われるフラグですね。

 

案の定、これが、間違いでした。

私はこのテントで靴を脱ぎ、寝転がってしっかりストレッチすべきだったのです。

 

フィニッシュ地点にはロッジがあり、食事や買い物などが楽しめるようですよ(そんな元気はありませんでしたが)。

大菩薩の宿 ロッヂ長兵衛

 

完走者はフィニッシュ地点から登山道を1km、約15分下った「大菩薩湖北駐車場」に向かいます。

ここからメイン会場までシャトルバスが運行されているほか、大会独自のサービスで参加者にはお弁当が支給。さらにぶどうの試食、ワインの試飲ができるんですね! ぶどうとワイン!! そうだ、私はこのために頑張って走ってきたのです!!! すっかり忘れてた!


ゴールの開放感に包まれ、駐車場までルンルン向かいます。

f:id:shin_kuroiwa:20141021220251j:plain

自然観察歩道で下ります。ここが悲劇の舞台に。 

 

まずは歩きやすい木道で完全に油断させられます。

f:id:shin_kuroiwa:20141021220609j:plain


森林浴は疲れ切った心と身体に優しい…林のなかにC.W.ニコルさんの顔が浮かんで来るような、とても穏やかな気持ちです。

f:id:shin_kuroiwa:20141021220641j:plain
ニコルさん、森は暖かいよ…。


で、 油断し切っているところ、途中からトレイルに入るんですよ。

f:id:shin_kuroiwa:20141021220753j:plain
で、ここから先、写真を撮る余裕がないくらい、急激に下ってるんですよ。わざわざ土嚢を積んで階段状にしてるくらいの急斜面なんですよ。

普段山に来る時はトレランシューズだから、思い切って踏み出せるじゃないですか。滑らないから。
でも今日の私には、ツルツルと滑りやすそうなランニングシューズと、ガタガタになって踏ん張りの効かない下半身しかないわけです。滑り落ちたらシャレにならない。下りにはトラウマがあるのです(記録更新もカネ次第? 機能性タイツ買い換えました - 働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ)

慎重に、慎重に…とへっぴり腰で下っていたら、当然のように変な負荷がかかり、とうに限界を迎えていた左足の土踏まずがこむら返りをイタイイタイイタイイターーーイ!!!!


レース後にこんな落とし穴が!


騙し騙し行けるかなーと2〜3歩進んではみたものの、あ、ダメだ、しぬ、と、諦めて、道の端にしばらくうずくまって足を伸ばしていました。見知らぬ女性ランナーが「大丈夫ですか?」と声をかけてくれて優しさが沁みます…(あ、ちょっと攣っただけなんで、大丈夫です、と、情けない返答)。

痛かったー! 本当に痛かったー! 
 フィニッシュ地点の救護テントでしっかりストレッチしてから下るべきでした。

 
ほうほうのていで、転がるように駐車場に到着。
f:id:shin_kuroiwa:20141022003209j:plain

一番手前のテントがお弁当、次に麦茶、ぶどうの試食と続いて最後にお待ちかねの、

f:id:shin_kuroiwa:20141022003730j:plain
ワイン!! ワインワイン!!

私は「甲州」を頂いたのですが、参加賞のワインも同じ銘柄だったので違うものにすれば良かったなー。

ちなみにメイン会場で預けた荷物はここで受け取ります。簡易な女子更衣室があるので着替えもできますよ。

f:id:shin_kuroiwa:20141022003531j:plain
心許ないけど目隠しには充分。汗臭いままシャトルバスに乗るのはツラいので、ありがたい配慮です。

広場にはブルーシートが敷いてあり、ここでお弁当を食べられるようになっています。

 f:id:shin_kuroiwa:20141022004442j:plain

f:id:shin_kuroiwa:20141022004602j:plain
炭水化物は嬉しいけど登山直後の揚げ物責めに怯む。完食したけど。

ちなみに、フィニッシュ地点ではSoftBankの携帯電波は良好でしたが、この駐車場では圏外でした。

ワインを飲みながら紅葉を眺め、甘くジューシーなぶどうに舌鼓を打つ。つい30分前まで地獄を見ていたのが嘘のようです。

お行儀の悪さは自覚しつつも、足の裏を合わせて股関節を広げながらワインを飲み、レースを振り返りながらしみじみ思いました。
「楽しかったなあ」と(頭がおかしい自覚はある)。

次はもっとうまく走れる。記録も今回よりきっと伸ばせる。これはもう、リベンジするしかない!

しかし足も痛いし、内蔵へのダメージが大きすぎてワインも進まないし、一杯だけ飲んでさっさと着替えてシャトルバスに乗り込みました。山頂の滞在時間は30分ほど。ここにもバスはどんどん来るのでほぼ待たずに乗れました。

13時に出発したバスに乗り、メイン会場近くの駐車場まで約50分。カーブが続くので車酔いしやすい方はご注意下さい(私はしっかり酔いました)。

帰りは忘れずメイン会場に立ち寄って、記録証を貰いましょう。

f:id:shin_kuroiwa:20141022091123j:plain
女子19位! 私にしてはがんばった!

メイン会場のぶどうの試食はすでに終わっていましたが、ワインの販売・試飲はまだまだ続いていました。私は車酔いでそれどころではありませんでしたのでさっさと立ち去ります。

家族のお土産にと会場のすぐ外で売っているぶどうを買います。
f:id:shin_kuroiwa:20141022123127j:plain
これで1500円はなかなか。

メイン会場から5分ほど、今朝シャトルバスが到着した駐車場の道路を挟んだ向かい側、シャトレーゼの駐車場から再びバスで勝沼ぶどう郷駅に戻りました。バスは相変わらずじゃんじゃん走っているので、14時20分ごろは着いてしまいました。マラソン(臨時)列車(15時頃発)、余裕で乗れたじゃんー!
大菩薩コースでも3時間切れば臨時列車に乗れると思うので申し込みさせて欲しい…。

駅で主婦ランナー仲間のWさんを見つけて声をかけたら、Wさんも来年もハーフに出走するつもり満々だったので(10kmまでの過酷な坂はハーフと大菩薩峠で共通だったはず)勝沼の坂には謎の魔力があるようです。

14時43分発の大月行き各駅停車で帰ろうとホームの先頭の方に並んでぼーっとしていたら、43分発の各駅停車は編成が短くて私の立っているところには止まらず、列の後ろの方に並んでいた私は電車の到着に気づかず、発車した電車を「あーー!」となす術もなく見送りました。仕方なく930円の特急料金を払って47分発の特急列車に乗ったものの(車内で特急券を買いました)、当然のようにマラソン混雑で座れるわけもなく、座れないどころか通路も通れないほど人いっぱいの車内の中、乗り換え駅の八王子まで、心を無にしてブログを更新しながら立っていました。

来年は駅近くの日帰り温泉に立ち寄って混雑を避けて帰ろうと固く誓ったのでした…。



帰宅後はもちろん勝利(?)の美酒!
f:id:shin_kuroiwa:20141022134712j:plain

参加賞のワインはすっきりして飲みやすかったです。

f:id:shin_kuroiwa:20141022134748j:plain


翌朝目覚め、股関節周りがすこし痛い以外はほぼダメージが残っていなくて、ああ頑張りが足りなかった、もっと走れた、と、楽しかったけど、多少悔いの残る甲州フルーツマラソン大菩薩コースでした。

来年は翌日立ち上がれない位まで張り切って走るよー!!


次回【その4】は補給や雑感、反省点についてまとめる予定です。


このブログはいま何位?→人気ブログランキング
 

?