働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【その2】甲州フルーツマラソン完走記〜スタートからフィニッシュまで〜


※長文です。

 9時半の号砲とともに一斉に飛び出すランナー。上りなのにみなさん軽快な足取りで上がって行きます。
 
f:id:shin_kuroiwa:20141020235912j:plain
さすが、好き好んで大菩薩コースにエントリーする粒ぞろいのへんた…猛者たち。
 
5kmまではほぼひたすら登り。まだまだ元気な足に対して心肺がまったくついて行きません。筋トレは頑張ったけど走り込みが足りないとやっぱりダメだ、と序盤から反省しながら、それでも周りに食らいついて必死に走って上がります。
 
今回のレースで痛感したのが、この「周りのランナーに影響されない精神力」の大切さでした。特に後半、悪い方向に引っ張られてしまいました…。

 
細かなアップダウン(圧倒的にアップ)を繰り返しながら5km地点の「牛奥トンネル」に入ると、長い下り坂のスタートです。
 
f:id:shin_kuroiwa:20141021090538j:plain
ここからがスピードが出せる天国であり、足にダメージを溜める地獄であり…。
(手前の紫の人が速かった。後半までちらちら姿が見えたのに上り坂のねばりがすごくて最後まで抜けませんでした)
 

下りは足にかかる衝撃を減らすよう、着地を短くして軽やかに。ジェットコースターのようで気持ちいい! 
でもここでスピードを出しすぎると足に疲労が溜まるのでは…かといって抑えて下りの衝撃を足に溜める方が良くないのでは…と葛藤しているうちに長いトンネルを抜けました。
 
f:id:shin_kuroiwa:20141021001753j:plain
見晴らしは最高!
 
f:id:shin_kuroiwa:20141021004554j:plain
そしてまだまだ続く下り坂。「フルーツライン」というだけあって、道路の左右にたくさんの果樹園があります。
 

坂を駆け下りるのは本当に気持ちがいいのです。
骨盤を前傾させると足は勝手に前に出る。日差しは強くてもスピードが出ているので風を浴びて汗がすぐ乾く。そして目の前に広がる美しい風景。
ここまでの高台から町を見下ろしながら疾走する爽快感は、他ではなかなか得られません。
 

ああ、いつまでも、この時間が続けばいいのに。
 

大菩薩コースの参加者は知っているのです。標高400mのスタート地点から、自分の足だけを頼りに標高1600mの上日川峠を目指して走って登ることを。
下ったら下った分だけ、上りのパートが増えることを。

 
f:id:shin_kuroiwa:20141021005137j:plain
アプリの標高チャートを見ると、死ぬ思いで5km地点まで上がったのに、ほぼ同じカーブで下っている。
 

ちょっと…!!

 
そして着地の衝撃で確実に疲労した足が出来上がったところ(10kmくらい)でハーフのコースと分かれ、

f:id:shin_kuroiwa:20141021004518j:plain
 
いよいよ大菩薩コースだけのルートに入ります。

f:id:shin_kuroiwa:20141021004641j:plain
看板だけで威圧感を感じる…。
 そして看板の向こうに見える上り坂に、恐れをなして引き下がりたい気持ちを奮い立たせ、走ります。

だってエントリーしちゃったし。
23km走り切らないと終われない。それがマラソン大会です。
 
 
たまにはフラットな道もある。
f:id:shin_kuroiwa:20141021170614j:plain
 
 
ようやく中間地点です。半死半生。
f:id:shin_kuroiwa:20141021170648j:plain
中間地点までは山に入らず、まだまだ地方の町中です。

局所的にきっっっっつい坂もありますが(見るからにへろへろになって急坂を上がり切ると、地元の方が笑いながら励ましてくれます)想像していたより「走れる角度」の坂が多いです。


ここまでのスプリットは下記のとおり。
f:id:shin_kuroiwa:20141021171056j:plain
f:id:shin_kuroiwa:20141021171112j:plain
 
トンネルでうまく計測できず5~8kmの間がおかしな数値になっていますが(最終的に23.86km走ったことになっていました。スプリット6-7kmで500mくらい?)、たぶん5分台で駆け抜けたはず。何せ下りでしたので。
 
スタートは上り坂なのに周りに引っ張られてがんがん走った形跡がありますね。ポジティブスプリットで撃沈してきた経験から何も学べていません。つらい。
 
 
しばらく走ると山に入りますが、コースはすべて舗装された道路です。

f:id:shin_kuroiwa:20141021173820j:plain

申し遅れましたが今回のシューズは履き慣れてきたゲルフェザーグライド2(本厄を駆け抜けろ! 厄落としはレーシングモデルで - 働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ)。張り切ってぎゅっと締めたら足がしびれ気味になったので、フルではもうちょっと優しく調整するつもりです。

 
さて、先に後半のスプリットを見てみましょう。
f:id:shin_kuroiwa:20141021171419j:plain
 
面白いほど、がくんと下がっています。
 
上りが続いて足が動かないというのはもちろんなのですが、後半に差し掛かると、走るのを諦めて歩き出すランナーがぐっと増えるのです。歩いては少し走り、走ってはまた歩き出す。私のタイムだと終盤で走っている人は少数で、ほぼ早歩きでした。
 意志が弱いので「皆がこんな感じなら、私ももう歩いていいや」と諦めて歩き出してしまう。もうちょっと我慢すれば良かったな、と少し後悔しています。

17km(たぶん15~16km辺り)のタイムを見ると完全に歩きですね。時速6km。思い出したように少し走り、息が切れたら歩く、の繰り返し。
 
山の中に入るとこういうヘアピンカーブの先に、
f:id:shin_kuroiwa:20141021171650j:plain
 
見上げるような高さのガードレール。
f:id:shin_kuroiwa:20141021171727j:plain
あんなところまで上るのか!
心が折れる音がする…。
 
 
箱根登山鉄道スイッチバックを思い出しながら足を進めます。今すぐ箱根行きたいなあ…温泉につかりたい…(朦朧としている)。
 
f:id:shin_kuroiwa:20141021172127j:plain
山頂に近付くに従い、鮮やかな紅葉が見られます。苦しいときは上を見て、気分を紛らわせましょう。つまり、ずっと景色を見ながら走っていました。
 
散々なタイムからも分かるように、半分以上歩きでも、終盤に入るとフラットな道でさえ足が前に進まなくなります。上り坂のダメージは怖いですね。
 
 コース上の距離表示が少なく正確にはわからないのですが、タイムから推察すると20km(実際は18~19kmくらい?)に少し長い下り坂がありました。
勢い良く下ろうとしたら、左のふくらはぎに違和感が。そのまま走ってると、あ、あと一歩で攣りそう…。

 
私は決してフォームが良いとは言えませんが、腹筋、お尻、ふとものの裏を意識して走っているおかげか、これまでのレースでふくらはぎの痛みに悩まされたことはありませんでした。


薄々気付いていましたが、激しいアップダウンからの上り坂一辺倒で重く疲れきった下半身と、疲労で強張ったせいか凝り固まった上半身が、バラバラに動いて、まったくといって良いほど身体をうまく使えていないのです。
 
ほぼフラットなロードであれば、35kmを過ぎても、腹筋に力を込めて前に進めます。苦しい、痛い、という気持ちを乗り越えれば、身体が言うことを聞くのです。

なのに今にも攣りそうなふくらはぎを前に、体幹を意識しようが腕を引こうが私の身体はバラバラのまま。
 

これが大菩薩の洗礼か……!
 

それでも何とか左足を庇いながら下りをやり過ごして、ゴールまでの上り坂に挑みます。

足も痛いし一刻も早く終わらせたいので、心を入れ替えました。
ついついダラダラ歩きたくなるのを防ぐため「60歩歩いたら最低でも10歩は走る」というルールを自分に課したのです。
2012年UTMBのDVDで60代の女医さんが、歩きと走りを交互に織り交ぜるこの戦法で完走していたのを急に思い出したのです(女医さんは歩きと走りを同じ歩数で進んでいた)。
鏑木毅さん目当てに買って良かった!(鏑木毅さんと横山峰弘さんの友情がねー、いいんですよ! DVD「ウルトラトレイル・デュ・モンブラン2012」(日本オリジナル版)販売中!動画公開! | NEWS & INFORMATION | ULTRA-TRAIL Mt.FUJI

 
歩いてしまうと最初の一歩を踏み出すのが辛いわけで、60歩も歩けば心拍も少し落ち着き、走り出しさえすれば60歩、100歩と走れるものですね。

もちろん10歩で断念する場合もありますし、ふらふらと意識が飛んで150くらい数えながら歩いている時もありました。それでもただ苦しいと思いながら走っていた時より明らかにペースアップできています。もっと早くから実践できればよかった(もちろん17kmくらいで歩いて休んだから回復した、という見方もできますが)。
 
f:id:shin_kuroiwa:20141021172545j:plain
残り、よーーーーーーーーーやく1km!
 

見通しの悪い曲がり角に立っていたスタッフの方が「あとちょっとでゴールですよ!」と声をかけてくれて、最後の力を振り絞って走ります。曲がってすぐ、唐突にフィニッシュゲートが現れました。
 

最後の50mは全力ダッシュ!!
 

夢にまで見た栄光のフィニッシュゲート!!
f:id:shin_kuroiwa:20141021172647j:plain
ゴール側から撮影。
 

アプリによる標高チャート。
 f:id:shin_kuroiwa:20141021172947j:plain
 
過酷なコースだった…。
 
 
  

このブログはいま何位?→マラソン人気ブログランキングへ

※走りながらメモを取るわけにもいかず、私の不確かな記憶で構成されていますので、思い違いなどの誤りがありましたらコメント欄等でご指摘頂ければ幸いです。

?