働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

旅ラン好きは意外と多い? 第7回湯のまち飯坂・茂庭っ湖マラソン

案内が届くと「いよいよ!」と気分が高まってきますね。

f:id:shin_kuroiwa:20141016172835j:plain
 
約半月後に迫った今季初フルマラソン、湯のまち飯坂・茂庭っ湖マラソンのガイドブックとゼッケンが届きました。
第7回湯のまち飯坂・茂庭っ湖マラソン
平成26年11月2日(日)
制限時間 フルマラソン6時間(陸連公認コース)
会場 茂庭っ湖(摺上川ダム)周辺コース
(福島駅、パルセいいざか等からシャトルバス)
コースはこちら
f:id:shin_kuroiwa:20141017164814j:plain 
(公式サイトより)
 
上記のようにコースの折り返しが多く何度イメトレしても覚えられないので道を間違えないか不安で不安で仕方ありませんでしたが、ガイドブックによると大会当日には1kmごとに距離表示のコーンを設置してくださるそうです。
良かった…本当に良かった…!!(たいていのLSDで道に迷っているのでそれが不安で不安で…→参考:【前編】アルプスを越えろ!激走約11マイル - 働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ
 
公式サイトによると攻略のポイントは10km過ぎにあるとのこと。
10キロを超え2キロほど行くと、信号機があり、そこから1.7キロで100mを昇る長い登り坂です。ここが一番の難所で、ここで後半のスタミナを温存できるかが好タイムを出すためのポイントとなります。

前半抑えるなんて私の最も苦手とする走り方ですね。5分40秒のイーブンで走りきりたいと思います。反省がありません。

 ゼッケンも事前送付なので当日入りでも安心。
f:id:shin_kuroiwa:20141016174813j:plain
今季初ゼッケン!
和紙のような紙質で雨には弱そう。どうか晴れますように! 真っ白なゼッケンは初めてかもしれません。
 
 フルの参加者は932人だそうです。
f:id:shin_kuroiwa:20141016174852j:plain
1000人未満だとあまり渋滞せず走りやすそうですね。
フルの参加者女性をすべて足すと133人で、フル参加者の15%未満。圧倒的に少数派です。
これでハーフだと男女比が2:1くらいになるので、やはりフルに挑戦するまでの壁が厚いのでしょうか。フルマラソンは想像していた以上に楽しいので、周りの女性にもことあるごとに勧めています。

「だってさあ、仕事も育児も頑張ったからって必ず結果が出るとは限らないでしょ? でもマラソンは走ったら走っただけ結果がついてくるんだよ? すごくない?」
 
共感を得られた事は一度もありません…。
 
 さて、話しを戻します。
都道府県別参加人数は以下のとおり。
f:id:shin_kuroiwa:20141016183405j:plain
 
地元・福島県が最多の412人、次いでお隣の宮城県が238人、その次がなんと約300km離れた東京都で151人、以下埼玉県(84人)、千葉県(67人)と続きます。首都圏勢の参加者の多さに驚きました。
陸連公認コースで都心からのアクセスも良く、当日朝は福島駅から会場までバスで送り届けてもらえるので日帰り参加も可能。確かにこれは魅力です。
 
 少数ながら北海道、沖縄からの参加者も。3連休だから?

地方のマラソン大会は、こういった旅ラン好きの方がその土地を訪れる良いきっかけになりますね。
私もマラソン大会がなければ飯坂温泉は旅行の選択肢になかったかも知れません。
 
この大会の特徴は全部門で6位入賞者へ商品があること。つまり年代別でも6位に入れば表彰してもらえるのです。
昨年の結果(湯のまち飯坂・茂庭っ湖マラソン)をみると39歳以下女子の6位はジャスト4時間。
サブ4で入賞できる可能性があるのか! 素晴らしい!
来年は入賞を目指します!!(すでに弱気)
 
 
このブログはいま何位?→人気ブログランキングへ

?