働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

全力で追い込め! 台風一過で全力ペース走

前回の日記(酒には負けるけど台風には負けない! - 働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ)でスクワットを1000回すべし、と指導して下さった先輩に「実践しました!」と報告したところ、驚いた顔で、「えっ!本当にやったの!」と。
 
えっ?
「俺だって1000回なんて、レスリングやってた大学の頃以来(先輩は40代後半)だなあ」
えっ、だって、先輩、1000回って…。
「いや、くろいさんが有酸素運動だって言うから」
だ、騙された…!!
「まさか本当にやると思わないしさ~。あはは」
 
ひどい…。

当ブログは、会社の先輩に身も心も弄ばれた32歳の人妻(20代の頃に美容院でメイクしてもらった後、野田聖子議員に似ていると褒められたことがあります)が、通勤電車からお送りしています。
 
※会社の先輩は「尻につくギリギリまで脚を曲げろ」と指導してくださったのですが、私は「とても無理」と泣いて最大90度くらいの浅めスクワットで許してもらいましたので、先輩の現役時代よりは圧倒的に楽な負荷です。
 
 
さて、10月5日日曜日に実践した1000回スクワットから一夜、翌朝は少しハリがあるものの、ふなっしージャンプキメられるくらいピンピンしていたのに、時間の経過とともに内股と尻と腿の裏が明らかに筋肉痛に…。
楽勝だと思っていたのに甘かった。
 
超回復には48〜72時間の休息が必要と言われていますが、大会も近いし、めずらしく私のやる気も漲っているので10月6日月曜日、走ってきました。
 
疲労が溜まった状態で追い込めば私の足はきっと強くなる。レースまで時間がないし、徹底して追い込むのだ!
調子に乗って6km全力疾走を試みてみました。
 
台風一過の夜の空にはあいにくの曇天。それでも雲間から星が見えて綺麗です。
その時に気づけば良かったのですが、あれは死兆星だったのかもしれません…。
 
 
f:id:shin_kuroiwa:20141007120756j:plain
北斗の拳講談社文庫4巻より)
 
 
軽くストレッチをすませて、スタートは22時10分。
 
ネガティブスプリット(前半抑える)の走りがどうしても苦手で練習でも初っ端から突っ込んで行く悪いくせがあります。「タイムの貯金は身体の借金」をこれまでのレースで実感してるのですが、後半巻き返した経験がないので怖くて抑えられないのです。ギリギリのイーブンペースで走り切りたい(と思ってると最後に大失速するんですよね…)。
 
この日もおそらくキロ5分程度のペースのダッシュから始めたら、5分足らずで19時ごろ食べた宇都宮野菜餃子(チルド)が胃の底から湧き上がって来たので、少し抑えて走ります。夜ラン派の男性には「不審者に見られないか」という心配があると聞きますが、女性ランナーでもダッシュでハアハアしながら走ってると、割と振り向いて睨まれますのでご安心を!(世間のみなさん申し訳ありません)
 
筋トレ効果で脚は問題なく動きますが、ランをサボってたから心肺機能がまったくダメ。呼吸はゼーゼーハーハーと荒く、心臓も明らかにバクバクしています。
 
 
f:id:shin_kuroiwa:20141007121621j:plain
結局キロ5:12でフィニッシュ。もうこれ以上100mも走れないペースで駆け抜けたつもりです。途中ゆるやかな上り坂もあったし、スクワット翌日、サブ4.5レベルの私にしては頑張った!
でも最初のダッシュしすぎがなければもうちょっと伸びたかも…。
 
脚の張りは強くなって来たものの、せっかくだし調子に乗って坂道トレーニングも頑張っちゃおうかな〜♡
 
と、張り切って向かったはいいものの、一本目、坂道の半分くらいで脚が上がらなくなってきました。スクワット1000回のダメージが。
 

いや、上がらないなんてことはない、脚は上げるものだ! 破壊しろ筋繊維!
 
 
で、急坂の最後でスパートかけたら、
 
 
ピキッて。腿の裏が。
 

 心象風景↓
f:id:shin_kuroiwa:20141007120729j:plain
(北斗の拳講談社文庫9巻より)
 
 
 
f:id:shin_kuroiwa:20141007121744j:plain
ひー、もうムリーと泣きながら引き上げようとしたものの、ふと思い立ちました。
 
これくらいの急坂なら、ムリしないでランと早歩き混ぜた方が結果的にタイムが伸びるのでは?
 
 自宅方向へ向かっていたのを引き返して、出だしのゆるやかな坂はランで、急勾配は早歩きで試してみました。
 
f:id:shin_kuroiwa:20141007122121j:plain
ほぼ変わらない。
 
キロ当たりだと12秒差。
 脚が疲れた2本目にしてはいいタイムでは。何より心肺の負担は半分以下!
 
トレーニングなら追い込んだ方がいいけど、レースの場合、急な上り坂で疲れて歩くくらいなら、割り切って全力早歩きで越えた方がタイムを伸ばすのには有効かも知れませんね。大菩薩で23kmの坂が待っているのでしっかり覚えておきます。
 
 
久々に追い込んで疲労困憊。
帰宅して座る元気すらなく、居間で立ったままストレッチを済ませ、まだ早鐘を打っている心臓を落ち着けようとぼーっと立っていたら、久々のダッシュに充足感が湧いてきました。
 
 
心象風景↓
f:id:shin_kuroiwa:20141007120744j:plain
(北斗の拳講談社文庫9巻より)
 
夫「あの、シャワー浴びてきたら…?」
 
はっ!(我にかえる)
 
 
10月はやっと6kmですが、精一杯走るのは気持ちいいですね。
今月はひたすら追い込みます!
明日も走っちゃおうかな〜!
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜~~~~~~
 
一夜明けて。
 
え、今日の脚ですか? 
座ったり立ったりするたびに内股とお尻に激痛走りますけど何か?
 (本日は休足日です…)
 
教訓:やりすぎは良くない
 
 
 このブログはいま何位?→マラソン人気ブログランキングへ

?