働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【後編】アルプスを越えろ!激走11マイル

前回のつづき

【前編】アルプスを越えろ!激走約11マイル - 働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ(前回)

やっとの思いで南郷交差点に戻り、またも上り基調のロードにひーひー言いながら、ようやく南郷上ノ山公園へたどり着きました。すでにスタートから1時間以上が経過しています。

f:id:shin_kuroiwa:20140808084318j:plain
 
公園で少年サッカーやってたけど、あまりの暑さに保護者が消防ホースのような太いホースでたえず放水していました。
うん、スポーツする環境じゃないよね、分かるよ。
 

三浦アルプスは山の中にトイレがないので、ここで済ませてからコースに入りましょう。

 

濡らしたタオルを首に巻き、地図看板をチェックしてハイキングコースへの入り口の場所を一応チェック。「たぶん案内出てるよね」と、とりあえず歩き出したら、

f:id:shin_kuroiwa:20140808084532j:plain

 まさかのスタートに戻る(青い線が私たちの軌道です)。

 

ハイキングコースに一生入れない。

山が私を呼んでない。

 

 

f:id:shin_kuroiwa:20140808084649j:plain
 
地図を見直して一生懸命さがしたら、奥まった場所にありました、入り口。周辺に案内は一切ありません。もうちょっと優しくしてくれてもバチは当たらないと思います。
 
 
f:id:shin_kuroiwa:20140808085442j:plain
 
ハイキングコースは整備された林道。緩やかな走りやすい上り坂です。
日差しが届かない分さわやかな空気が流れ、緑の匂いがします。やっぱり山は気持ちいい。ロードで完全に萎えていた心がふわっと軽くなりました。
諦めてタクシーで帰らなくて良かった!(結構真剣に悩んだ)

 

f:id:shin_kuroiwa:20140810215347j:plain
あっという間に二子山山頂に到着。
 
二子山まではほぼ一本でしたが、山を降りて東に向かうルートに入ると様相が一変。細かい分岐がある割に看板が少なく、コンパスを多用しながら進むことになります。
 
シングルトレイルが続きます。
 
f:id:shin_kuroiwa:20140808090626j:plain
滑落防止にロープが張ってあったり、
 
f:id:shin_kuroiwa:20140808090656j:plain
崩落寸前の道も。この写真では分かりにくいですが歩ける道幅が極端に狭く、左の茂みは斜面になっています。
入門コースかと思ってきたけど、滑落が怖くて子連れでは無理そう。
 
 
三浦アルプスは最高峰でも200mちょっとなので体力的には余裕、上りも比較的ゆるやかですから息が上がることはほぼありませんでした。
 
それよりも大きいのが、精神的な負担です。
 
その正体は、藪と虫…。
 
f:id:shin_kuroiwa:20140808091540j:plain
 
山道の左右から迫ってくる葉の硬い夏草を漕ぎながら進む…。
 
アームカバーとタイツで素肌はカバーしてましたが、顔や手にも当たりますし、見晴らしが悪い茂みから何が飛び出してくるか分からない状況がもう恐怖。急に蜂が現れたりします。
 
 
さっさと走ってさっさと越えるに限る! 
 
f:id:shin_kuroiwa:20140809173821j:plain
乳頭山に至る道には岩場も。岩場大好き! テンション上がる!!
 
f:id:shin_kuroiwa:20140809173906j:plain

頂上は素晴らしい眺めでした。乳頭山を越えて南尾根へ向かいます。

 

ここからのルートで、地獄を見たのです。

 

f:id:shin_kuroiwa:20140807235347j:plain 

藪に遮られて道がない。

 

そういえば言ってた。対談で鏑木さん言ってた。

「気候が温暖なので、雰囲気はジャングルトレイルです」

鏑木さん…雰囲気どころか…本気のジャングルトレイルなわけで……
(「こんなのジャングルのうちに入らない」というアドベンチャーレーサーの意見は次元が違う)


何より辛かったのがこのルート上に連綿と続くクモの巣でした。

 

山道を塞ぐクモの巣を払い落としても一歩も歩かないうちにまたすぐにクモの巣があって、棒を拾って払い落としてまたすぐにクモの巣があって、クモの巣が途切れたと油断して足元を確認しながら走り出したら突如眼前にクモの巣が出現して、あわててブレーキかけて止まったら茂みから大きな蜂が出現、刺されるー刺されたらしぬー(死にません)とギャーギャー騒いだら、声に驚いたセミが急に飛び立ってなぜか私の顔面目掛けてアタックしてきてぎゃああああああ!!

ここは軽登山界のゴッサム・シティだ…!



南尾根ってずっとこんな感じなの?
トレランに来たはずが完全に肝試しです。

もう帰りたい。都会のコンクリートジャングルが恋しい。
神様ごめんなさい。虫が苦手なのに夏山に来た私が悪かった。だからもうハチを出さないで! セミを顔面にぶつけないでください!


半泣きになりながら上山口分岐に到着。案内表示がまた分かりにくい。コンパスを取り出して方角を確認して進みます。地図に乗ってる「鉄塔下」、もう完全に草むら。無言で掻き分け、道を探しながら下っていくと……。

f:id:shin_kuroiwa:20140807235545j:plain


田んぼにでた。

上山口分岐の先にある鉄塔ではなく、芽塚の方に下ってしまったようでした。

「またあそこ上る…?」
「あのヤブ…?」
「無理じゃない…?」
「無理だ…」

速攻で地図アプリを立ち上げて、バス停を探すよ!!
(もう駅まで走るという発想はなかった。ロード暑いし。虫に襲われて心も折れたし)

 

18.29kmを迷い迷って3時間22分。

 

鏑木さん、私は三浦アルプスさえ越えられませんでした…

完敗です…

 

 f:id:shin_kuroiwa:20140807235613j:plain

空が青い。

さらば三浦アルプス。手強かった。

標高は高くても鶴巻温泉から大山、とか、御岳駅から大岳山のコースの方が断然ラク。精神的に。

 

そして反省会をしましょう。

 f:id:shin_kuroiwa:20140807235726j:plain 

f:id:shin_kuroiwa:20140807235805j:plain

地図、読めるようにがんばります。

ロードでもコンパス使います。

でもたぶん、夏の三浦アルプスには、もう近づきません。

 

 

 

このブログは今何位?→マラソン人気ブログランキング

?